ライフスタイルの豆知識

2017年のハロウィンを最大限楽しむために!由来や楽しみ方を紹介

ハロウィンの由来や語源を知る人は少ない!

○ハロウィン発祥の地はヨーロッパ

毎年10月31日に日本ではパーティやイベント事として楽しまれているハロウィンですが、その起源は「悪魔祓いの儀式」と「収穫祭の儀式」であることはご存知でしたか。
あれほど楽しそうなイベントにもかかわらず、元々は、人々が真剣に祈りをささげるための儀式だったのです。

また、アメリカが発祥だと認識している人が多いですが、実は正式には、ヨーロッパが発祥の地だと言われています。
ヨーロッパに移住した民族であるケルト人が、先ほどの述べた、2つの理由で開いていたようです。

○現在のハロウィンになった経緯

では、どのような経緯で現在のハロウィンの形になっていったのでしょうか。
それは、ケルト人がカトリック系の民族に侵略され始めたころだと言われています。
カトリックと言えばキリスト教ですが、10月31日に開かれるようになったのもこの頃からです。
キリスト教では、11月1日に「万聖節」という死者の魂を迎える行事があります。
ハロウィンは次第に、この前日に行われる祭りとして定着するようになっていきました。

○「ハロウィン」という名前の由来

ハロウィンの名前の由来は諸説あり、100%確実には明確になっていません。
一般的に、有力と言われているのは以下の2つです。

・「神聖(hallow)」と「夜(evening)」が混ざったできた
・万聖節の旧名「All Hallows」とその前日の夜を表す「eve(イヴ)」が訛ってできた

また、11月1日に行われる万聖節は「オールハロウズ」とも呼ばれるため「神聖」という単語が使われていることが、由来を探る上でのキーワードになるかもしれません。

なぜ、「仮装」・「お菓子」・「かぼちゃ」なの?

○仮装

仮装をするのは、お化けや魔女に化けることで、死者の魂と一緒に戻ってくる悪魔や霊から身を守るためだと言われています。
ですので、日本ではアニメやゲームのキャラクターやマスコットに変装して楽しむ習慣がありますが、本来仮装には、「魔除け」の意味合いがあるのです。

○お菓子

トリック・オア・トリートの意味は「お菓子をくれないといたずらするぞ!」です。
お菓子をもらいに回るようになった由来は、ヨーロッパの子どもたちが行っていた、儀式のためにケーキを乞う習慣からだと言われています。
ちなみに儀式に使われるケーキのことを「ソウル・ケーキ」と呼びます。

○かぼちゃ

中身を繰りぬいてロウソクを灯すかぼちゃのお化けは、「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれます。
ケルト人はカブを使用していましたが、アメリカに伝わった時期から、アメリカでより多く収穫できるかぼちゃに代わっていったと言われています。

日本での楽しまれ方は多種多様

さて、宗教色の薄い日本でも、年を追うごとに盛り上がっているハロウィンですが、人によって楽しみ方が様々です。
実際に行われている楽しみ方をいくつか挙げるので、ぜひ参考にしてください。

・友達や恋人とメイクやコスチュームで仮装して思い出作り
・子どもたちに仮装をさせて仲のいいご近所に「トリック・オア・トリート」
・コスチュームを購入して家族でイベントやテーマパークにお出かけ
・子どもと一緒に実際のかぼちゃをくり抜いてジャック・オー・ランタン作り
・アプリやネットなどからハロウィン専用のデコレシピを調べて料理やお菓子作り ハロウィン当日の10月31日でなくても、ハロウィンにまつわる様々なイベントを開催している場所があります。
「平日は時間がなくて楽しめないかも…」という人は、休日に楽しめる場所を探してみるといいでしょう。

100円ショップを有効に利用しよう! ワンポイントアドバイス

自宅や会社のオフィスでハロウィンの雰囲気を楽しみたい人は、100円ショップを訪れてみてください。
ハロウィンの時期が近づいてくると、おしゃれで可愛い雑貨がたくさん売られています。

カボチャ型の置物や「Halloween」のロゴが入ったシールは、消耗品ではないため、翌年・翌翌年にも使うことができ便利です。
もちろん、ほとんどの商品が100円(税込108円)なので、たくさんのアイテムを買って、広い部屋でも十分豪華に飾り付けることができます。

以上、ここでの説明を参考にして、ぜひ2017年のハロウィンを楽しんでください。

2017年10月06日 618view
   
Copyright (C) よろず
閉じる