ライフスタイルの豆知識

七五三の由来や意味知ってる?よりよい記念日にするために!

今年から子どもと一緒に七五三に参加する人へ

日本の秋の行伝統事の1つ、『七五三』。おそらく今社会人として世の中に出ている多くの人が、子どものころに経験した行事ではないでしょうか。
慣れない化粧をしたり着たことのない衣装をまとったりして、恥ずかしいような嬉しいような気持になったことを覚えている人も多いと思います。

さて、人によっては「今年から子どもと初めて七五三に参加する!」という親御さんもいるでしょう。
七五三の魅力を子どもと存分に味わうためには、親が『七五三の正しい知識』を身に付けておくことが必要です。

ここでは、七五三の意味や由来、より良い記念日にするためのポイントなどについて、詳しく解説していきます。

七五三の意味や由来って?

七五三が、3歳、5歳、7歳の節目に祝われる行事だということはご存知だと思いますが、「なぜその年なのか」についてはあまり知られていません。
それぞれの意味は以下のようになっています。

○3歳

男女ともに髪を伸ばし始める『髪置(かみおき)』の時期。
昔は乳児の間は病気予防のために髪を伸ばさない風習があり、3歳になると『髪置』の儀式で祝う。

○5歳

男性の衣装である袴を着る『袴着(はかまぎ)』の時期。
幼年から少年への成長を祝う儀式で男の子が初めて袴を身に付ける。

○7歳

女の子の着物帯の装いはじめである『帯解(おびとき)』の時期。
幼女から少女への成長の儀式で、裁ち方が三つ身の着物から四つ身のものへ付けかえる。
子どもの死亡率が高い室町時代に『無事に幼児期を生きたお祝い』として始まった七五三ですが、庶民にも普及したのは江戸時代からだと言われています。

七五三を毎年11月15日に祝うようになったのは、2つの説があります。
1つは、『“犬将軍”として有名な五代将軍徳川家光の子どもである長男・徳松の健康を祝った日が11月15日だったから』という説。
そして、『11月15日は占星術・二十八宿の1つである鬼宿日に当たる日であり、祝い事をするには最適な日(婚礼以外)だから』といった説です。

千歳飴(ちとせあめ)にはどういう意味が込められているのか

千歳飴は、七五三の定番である長さ1m以内、直径15cmほどの細長い飴のことです。
ではなぜ、この細長い千歳飴が七五三で売られたり配られたりするようになったのでしょうか。

実は千歳飴には、『我が子に健康で長寿になって欲しい』という願いが込められています。
千歳飴の細長い形、さらに千歳(せんさい)という名前と子どもの寿命をかけている、ということです。

始めに売り始めた人物は、江戸時代の浅草の飴売り商人、もしくは大阪の商人だと言われています。
江戸時代、砂糖は今よりも貴重な材料だったため、当時の子どもたちにとっては飛んで喜ぶほどの贈り物だったに違いありません。

七五三をより良い記念日にするために

七五三をより思い出に残る記念日にするためには、『写真撮影』がおススメです。
撮影代の相場は5~6万円程度と安くはありませんが、一生記念に残ることを考えれば、決して高すぎる料金でもないでしょう。
着物のレンタルや着付けもプランとして用意している写真屋さん・スタジオも多いので、ぜひ探してみてください。

親子で伝統行事を楽しむことは教育にもグッド!

伝統行事を親子で楽しむことは、単に記念日になるだけではありません。

親が由来や歴史を子どもに伝えながら過ごせば、子どもの知識にもなります。
たとえば、「なんで七五三が始まったか知ってる?」というきっかけから、「昔、将軍の徳川家光っていう偉い人がいてね…」、「秋は食べ物がたくさん取れる時期なんだよ」といった具合に、かみ砕いて説明してあげるといいでしょう。

たとえその時は理解できていなくても、子どもは幼少の頃の記憶を良く覚えているものです。
頭の片隅に自然に残っていたり成長した時にふと思い出したりして、学校や社会人になって、どこかで役立つことがあるかもしれません。

2017年11月08日 656view
関連豆知識 :
   
関連エントリー
美肌を守れ!秋から始める乾燥対策
空気が乾燥してくる秋。まだ良いかとついつい手を抜いてしまうその繰り返し、今すぐ断ち切りまし...
七五三の由来や意味知ってる?よりよい記念日にするために!
日本の秋の行伝統事の1つ、『七五三』。おそらく今社会人として世の中に出ている多くの人が、子...
運動会は春?秋?|それぞれの理由と楽しみ方
運動会は子どもだけでなく親にとっても一生の思い出になるイベントです。 今でこそ楽しむ目的...
読書の秋!視力を守るには?
「本は目から離して!」と言われて育った方は多いのではないでしょうか?一方で、目から近い距離...
秋に多い花粉症と対処法
花粉症と言えば、春ごろのスギ花粉に悩む人が最も多いため、秋の花粉症については理解が浅い傾向...
Copyright (C) よろず
閉じる