ライフスタイルの豆知識

使い方を間違えると大変なことに?SNSで気をつけること

大流行のSNS 60代でも5人に1人が使っている!

Facebook、LINE、インスタグラム、Twitterの4つは、日本国内の性別・年代に関わらず多くの人に利用されています。
その証拠を示すデータは、平成27年に総務省が公表した『情報通信白書』を見ればわかります。

たとえば、Facebookの年代別の利用者は以下のようになっています。

・20代以下…49.3%
・30代…38.3%
・40代…36.8%
・50代…30.8%
・60代…21.5%

『SNS=若者のためのツール』というイメージを持っている人が多いと思いますが、30~50代でもおよそ10人に3~4人の割合で利用していることがわかります。
当然、Twitterやインスタグラムなど種類によって利用者の割合は異なります。
しかし今や、SNSは、『私たちの生活の一部として当然のように利用されている』と言っても過言ではないでしょう。

SNSがこれほど普及した背景

では、SNSはなぜこれほどまでに普及したのでしょうか。

インターネット環境の整備が充実したことや、スマホの所有率が増加したことはもちろんの理由ですが、それだけではありません。
普及を促している主な理由は2つ。『承認欲求を簡単に満たすことができる』、『人とのつながりを保つことができる』です。
SNSを利用している人は、大きくこの2つのどちらか(もしくは両方)に当てはまるのではないでしょうか。

・承認欲求を簡単に満たすことができる

人には「誰かに認められたい!」という『承認欲求』が多かれ少なかれ存在します。
心理学でも認められている、人間が持つ根源的な欲求の1つです。

この欲求を、写真やコメントをSNSへ投稿することによって、自分では知らぬ間に満たそうとしている人は多くいます。
たとえば、『友達が多く毎日が充実していることをアピールしたい人は、友人と旅行に行った写真を投稿する』、『自分にカッコイイ彼氏がいることを周りに知ってもらいたい人は、彼氏の写真を投稿する』、といった具合です。

欲求を持つこと自体は悪いことではありませんが、欲求が満たされない心理状態に陥った時に“ひずみ”が生じる場合があります。
詳しくは、次の『SNSのデメリット』で紹介します。

・人とのつながりを保つことができる

交通や経済のグローバル化により、海外の人と交流する機会が多くなりました。
SNSの登場までは、せっかく知り合っても別れてしまえばそのまま永遠にその人とのつながりは終わってしまう、という時代でした。
その点、Facebookやインスタグラムで『友達』になれば、いつでも連絡を取ったり近況を知ったりすることができます。
こうした時代の変化も、SNSの需要を高めた重要な背景と言えるでしょう。

さて、このように便利で誰でも楽しめるSNSは、使い方を誤ってしまうといくつかのデメリットが生じます。

SNSの誤った使い方とデメリット

○『いいね』や『フォロワーの数』を過剰に意識する

他人から認められたいという欲求が過剰になり、『いいね』や『フォロワーの数』を異常に気にしている人は少なくありません。

そうなってしまうと、ご飯を食べていても友人と遊んでいても何だか落ち着かず、数分おきについSNSを開いてしまいます。
最終的には、『夜もぐっすり眠れず疲れが抜けない』、『情緒が不安定になりストレスが増える』といったような、健康被害にまで発展していく恐れもあります。

○個人情報をオープンにする

不特定多数の人とつながりを持てることはSNSのメリットでありデメリットです。
間違っても、電話番号や住所、家族の名前や職業といった情報は載せないようにしましょう。
軽い気持ちで載せてしまったことが原因で犯罪に巻き込まれてしまうという事態は、日本国内だけでなく世界中でたくさんの例があります。

賢く使えば有効活用できる!

いくつかのデメリットはあるものの、自分のお店や会社を宣伝したり、留学先の友人とつながりを保ったり、といったように賢く使えばたくさんのメリットを享受できます。
ここで紹介したデメリットを参考にしながら、今一度、『自分にとって本当に有効な使い方はなにか?』を考えてみましょう。

2017年12月08日 1226view
   
関連エントリー
セクハラよりひどいのは「マタハラ」!?
セクハラがやっと社会的に広まってきたと思ったら、今度は“マタハラ”の登場です。 マタ...
厳選5つ!自宅でできる効率的な筋トレ方法
「モデルやスポーツ選手のようにカッコいい体になりたい!」と思って筋トレを始めたものの、1週...
結婚はやっぱり恋し続けて…結婚生活で良い関係を続けるために
結婚生活はずっと幸せで良い関係を保つことは、なかなか難しいものがあります。では結婚してから...
ちゃんと気付けば回避できるかも?恋人が出している「別れ」のサイン
恋愛の途中で、何度か別れの危機が訪れることがあります。 ほかの人を好きになるとか、相...
付き合っていて癒される女性の特徴
「癒し系」などと呼ばれますが、一緒にいると癒される女性のタイプというものがあるようです。
Copyright (C) よろず
閉じる