ライフスタイルの豆知識

クリスマスの本当の意味や由来!楽しみ方は千差万別!

日本の年末一大イベント『クリスマス』

日本人に「クリスマスって知ってますか?」と尋ねれば、ほぼ100%の人が「イエス!」と答えるでしょう。
日本の伝統的なイベントである『お盆』や『子どもの日』などと比べても、その認知度は圧倒的です。

その理由は何といっても、家族やカップル、友人同士で楽しめるイベントが日本各地で開催されているからでしょう。
12月25日の1か月ほど前になると、駅、ショッピングモール、街、テーマパークなど様々な場所でクリスマス仕様の飾りが多くなってきたり、クリスマスならではの歌が流れたりしてロマンチックなムードに包まれます。

さて、それほど人気と認知度が高いクリスマスですが、本来の意味や由来を知っている人は多くありません。

ここでは、クリスマスをより楽しめるとうに、意味や由来を紹介しながら、家族やカップルなど立場に合わせたオススメの過ごし方をご紹介します。

クリスマスの意味・由来

○クリスマスの意味

クリスマスは『イエス・キリストの誕生を祝うためのお祭り』です。英語では『Christmas』と表記しますが、これは『Christ(キリスト)』と『mas(ミサ)』からできた言葉だと言われています。ミサとは、キリスト教の教会で行われる『礼拝』のことを指します。

さて、なぜ12月25日に行われるようになったのかですが、有力な説は次の2つです。

①イエス・キリストが12月25日に生まれたから
②ローマでは12月に太陽に感謝する『冬至の祭り』が行われていたから

①の説に関しては、キリストが誕生した正確な日付はわかっていないため、反対している学者も多くいるようです。
ですので、太陽に感謝する『冬至の祭り』が、時代ととともにイエス・キリストを祝うお祭りに変化していった、と考えるのが一般的な認識となっています。

キリストは『世の光』とも形容されます。このように、太陽(=光)に感謝するお祭りとの共通点があることも、12月25日に行われるようになった理由でしょう。

○クリスマスの由来(歴史)

クリスマスが日本人に認知されはじめたのは、江戸時代からだと言われています。
きっかけは皆さんもご存知の、フランシスコ・ザビエルです。1549年に切り取教を普及するために来日したザビエルが山口県で始めのミサ(祭り)を開きました。

以降、鎖国や宗教弾圧などでクリスマスが公然と開かれることは減りましたが、明治以降に西洋の文化が積極的に受け入れられていったことで徐々に日本でも認められるようになったのです。

1892年に正岡子規の俳句に『くりすます』という言葉が登場したり、1910年にケーキで有名な不二家がクリスマスケーキを販売したり、といった事実からもその普及の流れを垣間見ることができます。

それぞれの立場に合わせたクリスマスの楽しみ方

○カップル

カップル同士なら、一般的にはイルミネーションや有名テーマパークに行くのが定番ですが、人が多いことや寒いのが苦手であまり気乗りしない人も多いと思います。

そんな人におすすめなのが、次の3つの過ごし方です。

・人気の少ない静かな場所にドライブして夜景を見に行く
・あえて温かい地域に旅行する(沖縄や東南アジアなど)
・家で鍋をしたり映画を観てゆっくり過ごす

過ごし方は自由なので、好みや気分に合わせて『自分たちが一番楽しめる方法』を選ぶことが大切です。

○家族

家族で過ごす人におススメなのが、『コスプレで楽しむ』です。
お父さんがサンタクロースに扮装してサプライズで子どもにプレゼントを渡したり、家族全員でコスプレをしてテーマパークに出かけるのも良いでしょう。

○友人

友人同士なら、何といってもホームパーティを開いて楽しむのがおススメです。
友人同士のパーティを最大限楽しむには、次のポイントはマストで押さえておきましょう。

・サンタやトナカイのコスプレ
・プレゼント交換
・大きめのクリスマスケーキ
・BGM(クリスマスソング)

ただし、はしゃぎすぎてご近所に迷惑をかけたりお酒を飲み過ぎてトラブルになったりしないように、健全な方法で楽しみましょう

子どもや友人に教えてあげよう!

ここで紹介した意味や由来を子どもや友人と共有すると、より思い出に残るクリスマスが過ごせるはずです。
たとえば『お盆』も、『先祖の魂が返ってくる』という意味を知らないままだと、ただの休みとして過ぎてしまいます。
意味を知って、キリストやローマのお祭り、日本に普及した歴史などに思いをはせながら、身近な人とのクリスマスを有意義に過ごしましょう。

2017年12月18日 1062view
関連豆知識 : 冬季
   
関連エントリー
Copyright (C) よろず