ライフスタイルの豆知識

大晦日の本当の意味や由来!3つの行事の本当の意味とは?

大晦日の意味を知って有意義に迎えよう!

テレビを見たりうたた寝をしている間に、「気づいたら大晦日が明けて、新年を迎えてた!」という経験がある人は多いのではないでしょうか。
12月31日という一年の終わりである大晦日を充実させて、新しい気持ちで新年を迎えることは、それからの一年間を幸先よくスタートさせることにもつながります。

そのためには、ただ時間が経つのを待つだけではなく、大晦日の本当の意味や『年越しそば』や『除夜の鐘』といった行事の由来を知ることが大切です。
ここでは、これら大晦日に関する知っておくべき情報をいくつか紹介します。

家族、友人、カップルなど、人によって誰と過ごすかは様々だと思いますが、どんな人でも役立つ知識なのでぜひ参考にしてください。

大晦日の意味・由来

まず、大晦日の意味を理解するためには、『晦日(みそか)』とは何かを知る必要があります。

晦日とは、『月の最後の日』のことを表した言葉です。
月の最後の日と聞くとほとんどの人が30日をイメージすると思いますが、昔は三十のことを『みそ』とも呼んだことから、晦日という名前がつけられたと言われています。
分かりやすい例としては、30歳を表す三十路(“みそ”じ)も同じような成り立ちであることがわかります。

また、28日や29日までしかない月もありますが、この場合も月の最後の日という意味で同じように晦日と呼ばれているようです。

さて、その晦日になぜ『大』がついているのでしょうか。
それは、12月の晦日は1年の最後の締めくくりの日だからです。
大を付けることで、一年の中でもより意味のある晦日にしようと考えられたことから大晦日となったのです。

ちなみに、大晦日のことを『大つごもり』とも呼ぶことをご存知でしょうか。
大つごもりの『つごもり』には、『月がこもる(隠れる)』という意味が含まれています。
旧暦では、30日は月が隠れる日とされていたため、晦日のことをつごもりとも呼ぶようになったと言われています。
もちろん、大つごもりに『大』がつくのは大晦日と同じ理由です。

大晦日の3大行事について

○年越しそば

大晦日と言えば『そば』とも言われるように、年越しそばを楽しみにしている人も多いと思います。
年越しそばが浸透し始めたのは、江戸時代からだと言われていますが、「なぜそばなの?」と疑問を持ったことがある人はいないでしょうか。
これには次の2つの意味があると言われています。

・うどんやそうめんに比べて切れやすいため、『一年の災いを断ち切る』という意味がある
・生地を細長く切って食べることから『寿命や健康が長続きするように』という意味がある

地域によってはうどんが出されることもありますが、大事なのは食べる意味を理解しながら食べることです。
また2つの意味に関してはどちらも良い意味なので、人に教える場合はどちらを伝えても問題ないでしょう。

○除夜の鐘

0時になるとともに聞こえてくる除夜の鐘には、煩悩(人間が持つ不要な欲)を取り除くという意味があります。
つまり、「欲を取り除き新鮮な気持ちで新年を迎えましょう!」という意味合いを持っているのです。
ちなみに鐘が108回鳴らされるのは、煩悩の数が108個あると言われていることが由来です。

○大掃除

大掃除は大晦日までに済ませておくことが大事です。
それは、『大晦日から新年には家に神様がやってくるとされており、その神様を迎えるために掃除をしておく』というのが、大掃除本来の意味だからです。

「大晦日当日にすればいいんでしょ」と認識している人もいますが、これも避けるべきです。
大晦日に掃除をしてしまうと、せっかく家に来てくれた神様を追い出すことになってしまいます。
また19日や29日も『苦』をイメージさせることから、大掃除には適していない日だと言われています。

大晦日をより楽しむために

いかがでしたか? 大掃除をして除夜の鐘を聞きながら年越しそばを食べる。
これら大晦日の行事を流れ作業的にするのではなく、ここで紹介したような意味や由来を感じながら行うことでより有意義な時間になるはずです。

2017年12月27日 1315view
関連豆知識 : 冬季
   
関連エントリー
Copyright (C) よろず