ライフスタイルの豆知識

面接で「逆質問」をされたらどう返せばいい?

面接で、実施される「逆質問」。 就活や転職活動を経験した人なら、一度は耳にしたことがある言葉だと思います。
しかし、意外にも、逆質問への対策をしている人は少ないようです。
ここでは、面接における逆質問について、しっかりと対策をするべき理由や模範となる質問例(解答例)をご紹介します。

就活・転職の必須対策 「逆質問」とは?

面接における「逆質問」とは、面接官から問われる「何か質問はありませんか?」という質問のことです。
就活・転職の面接の最後によく出される質問なのですが、「うまく答えられなかった」、「質問内容を考えていなかった」と苦い経験をした人は少なくないと思います。
また、逆質問があることは知っているものの、聞きたいことがないために毎回、「特にありません。」と答えている人も多いようです。

こうした人たちに伝えたいのが、逆質問はライバルである他の応募者に差をつけられる絶好のチャンスであるということです。

では、なぜ逆質問がチャンスなのでしょうか。

逆質問は自分をアピールするチャンス!

採用担当者が逆質問をするのには、しっかりとした理由があります。
その理由は大きく分けて2つです。

1つは、応募者が本気で自社を志望しているかどうかを見極めるためです。
企業の求人情報やホームページには、会社の情報の全てが載っている訳ではありません。
もし本気で志望していて、事前に会社について入念に調べてきているのであれば、気になる質問の1つや2つは必ずあるはずです。
にも関わらず、質問が「全く無い」ということは、自社に興味がない=本気で志望していない、と判断されても仕方がありません

実際、あなたが採用担当者だとしましょう。
「何か質問はありますか?」という質問に対して積極的に質問をしてくれる応募者と、「特にありません。」で終わってしまう応募者、どちらの方に高い評価をつけるでしょうか。 ほとんどの人が前者だと思います。

そして2つ目の理由は、「人間性」を見るためです。
ひとくちに人間性と言っても様々な捉え方がありますが、逆質問で確かめられる人間性は次のような要素です。

・コミュニケーション能力
・礼儀やマナー
・雰囲気や相性

応募者から自発的に質問する必要がある逆質問の場では、通常の受け答え以上に、コミュニケーション能力や礼儀・マナーの習熟度が試されます。
またそれらの評価は、自社とマッチする人材かどうかの評価にもつながることになります。

以上2つの理由から、逆質問をうまく利用することができれば、面接においてプラスの評価を受けやすくなることをお分かりいただけるかと思います。

面接での逆質問 例とそれぞれのポイント 3つ

逆質問では「何でも聞いてOK!」ではありません。
応募者として的を射た質問ができなければ、反対にマイナス評価を受けてしまうリスクがあります。

適切な質問例を3つ紹介します。

○「入社までに身につけるべきスキルや勉強などはありますか?」

本気でその会社に入りたいという熱意をアピールできるだけでなく、「早く戦力になって活躍したい!」というやる気を持っていることもアピールできます。
また、自分に足りない部分を補おうとする謙虚さや素直さを伝えることもできるため、好印象を与えることにもつながります。

○「面接官の方々から、御社の魅力についてお聞かせ願えますでしょうか?」

この質問に対して、言葉が詰まる様子だったり、無愛想な態度を示したりするようであれば、その企業は良い企業とは言えないかもしれません。
特に会社の魅力を最も知っているはずの人事や採用担当者がそんな様子であれば、他の部署も含めて、従業員満足度が低い会社である可能性があります。

ただしこの質問をする際は、「答えてくれるかどうか試してやろう」という挑発的な姿勢は絶対にNGです。
相手に対して失礼に当たるので、他の質問以上に低姿勢であることを心がけましょう。

○「××の資格(スキル)を持っているのですが、御社で活かせる業務はありますか?」

この質問には、自己PRや志望動機でアピールしきれなかった強みやスキルをさりげなく強調できるメリットがあります。
ポイントは、「私の持っているTOEIC800点という資格は、御社の海外事業部でも活かせるレベルのものでしょうか?」といった風に、謙虚に伝えることです。
あくまで逆質問の場なので、アピールしたい気持ちだけが先行して、ただの自己PRや自慢話にならないように気をつけましょう。

こんな逆質問はNG!

逆質問としてふさわしくない内容の1つが、企業のホームページや求人情報を調べればわかるような質問です。
例えば、「御社の理念は何ですか?」、「営業の他にはどんな業務がありますか?」と言った内容は、調べれば誰でもすぐにわかることなのでマイナス評価につながります。
また、「成績によって給与・賞与が下がることはありませんか?」、「代休はしっかりもらえますか?」と言った質問も、仕事に対するモチベーションが低いと評価されかねないので、気になっていても避けたほうが無難でしょう。

以上、面接での逆質問におけるポイントについて解説しました。
これから面接に臨む人は、逆質問の機会を活用してしっかりと自分をアピールしましょう。

2018年08月29日 3448view
関連豆知識 : 仕事 勉強
   
関連エントリー
誰でも無料でできる英語の勉強法とは? 4つ紹介
「英語を勉強したいけどお金がない…」といったように、お金がないことを理由になかなか英語学習...
アポイント獲得の確率をアップさせる営業術 5つのポイントと注意点
アポとは、アポイントメントの略で「面会の約束」を意味します。営業職に従事していて、@s2@...
面接で「逆質問」をされたらどう返せばいい?
面接で、実施される「逆質問」。 就活や転職活動を経験した人なら、一度は耳にしたことがある...
おひとり様必見!社内恋愛を成就させる方法とメリット&デメリットとは?
社内恋愛にあこがれを持っている人もいれば、「私はゼッタイにしないわ!」と心に決めている人も...
意外と気づかない?間違いやすい二重敬語
ビジネスの場において、敬語は必須のスキルです。ただ、間違った敬語を、日常的に当たり前のよう...
Copyright (C) よろず