投資の豆知識

損or利益!投資のリスクとリターン

投資にはリスクがつきもの

投資は、金利の安い貯蓄にくらべてリターンが大きく、お金を効率よく増やす手段のひとつです。 ただし、リターンに応じたリスクが潜んでいる、ということを忘れてはいけないでしょう!
では、投資のリスクとは一体なんなのか? それは、いわゆる「損失」のことです。

投資は常に元本割れのリスクがつきまとう

元本割れとは、投資した元々の資金(資本金)が目減りしてしまうということです。 リターンのある金融商品には、必ずこの元本割れリスクがついてまわります。 例えばドル高円安になると考えて円をドルへ換金した後に、円高に動いてしまった場合などでは、預けた円が元々のお金よりも目減りしています。
なお、リスクのない投資対象は、この世には存在していません。
では、投資をしなければいいのではないか?と考える人もいらっしゃるでしょうが、それにもまたリスクが潜んでいます。

チャンスを逃がした場合もリスクに当てはまる

「チャンスを逃がしてしまい、得られたはずのリターンが得られなかった・・・」 これは現実にはお金も目減りしていないし、損をしていないように感じるかもしれません。
しかし、投資の考えでは、これを「機会損失」といいます。

大事な資産を守るにはどうしたらいいの?

資産がどれかに偏っていると、常にリスクに晒され続けます。 例えば、通貨を円のみで預金していた場合、円安がどんどん進行していくと、あなたのお金の価値がどんどん目減りしているということになります。 株式投資でいうと、1つの企業の株式のみに資本を集中させていると、下落した時にまともに直撃を受けてしまいます。
このような事態を防ぐためには、資産を様々な投資対象に分散させるということが大事なのです。
例えば、現金ならばインフレリスクを防ぐために、資産の半分を金先物や不動産で保有する。 株式ならば、外需関連企業と内需関連企業に分散して投資をする。複数の銘柄に資本を分ける。
といったような、資産の割り当てを複数に分けることで、リスクが分散され、安定化していくというわけなのです。

最終更新日 2013年04月12日 42185view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 投資
   
関連エントリー
お金そのものに価値はない!お金はただの「交換手段」
「お金そのものに価値はない」と言われてもピンと来ないかもしれません。 勿論お金がないと生活で...
税金のかからない資産運用iDeCo 本当にお得?メリット・デメリットを紹介
近年、@s2@老後資金のために若いうちから資産運用を考えている人@/s2@が多くなりました...
個人向け国債ってなに?安全にお金を運用できる超人気の投資
投資や株に興味がある人は、年々増えているようです。しかし未経験者のほとんどは、「ハードルが...
絶対に外せない!中古マンションを買う時に気をつけるべき8のポイント
マンション購入は中古であれ新築であれ、一生に一度の買い物となる場合がほとんどです。 購入...
宝くじや懸賞金 当たったら税金はかかるの?
宝くじやtotoBIGを買う人は、今や満18歳以上の人口のうちの約75%と言う調査結果があ...
Copyright (C) よろず