投資の豆知識

将来の暮らしへの保険に投資用マンション

投資用マンションのメリットとデメリット

マンションといえば、暮らしのために購入するイメージが高いですが、収益物件としてのマンションの存在をご存知でしょうか? 市場に出回っているマンションには、そこで生活することを目的として購入する居住用マンションと、利回り収益や売却益が目的の、投資用マンションの2つのタイプがあります。

ここでは、将来の暮らしへの保険の意味が強い、投資用マンションのメリットとデメリットについてお話したいと思います。

投資用マンションはタダで手に入る!?

投資用マンションを購入するメリットは、将来の年金がわりになるということ。 しかもこの年金は、自己資金の投入なしで、積み立てをおこなうことができるという考え方です。
これは極端な言い方なのですが、投資用マンションの基本的な考えは、物件取得費用を入居者に支払ってもらうということです。 毎月入居者からいただける家賃収入で、物件取得にかかるローンやその他諸経費を支払っていくのです。 つまり、運用がうまくいけば、出費なしで将来マンションという資産を、まるまる自分のものにできるというわけです。

高利回物件に注意!

投資用マンションには、利回りという概念があります。 この利回りとは、対象となる物件がいくらの収益を出すのかというのをあらわした数字です。
ですので、単純に考えれば利回りが高い物件はそれだけ収益が高いということで、逆だと収益が低いということになります。
じゃあ利回りができるだけ高い物件のほうがいいじゃない? しかし、物事はそう単純ではありません。
なぜならば、利回りはある意味、不確定の期待収益でしかないからです。 仮に利回りの高い投資用マンションを購入しても、入居者がいなくては収益を得ることができません。 この空室リスクの存在こそが、投資用マンションのデメリットそのものです。
では、投資用マンションを購入する際に重要なことはなんなのでしょうか? それは、どこの地域の物件を購入するか?なのです。

どの地域の投資用マンションがお勧め?

投資用マンションの購入は、地方よりも首都圏の物件のほうがお勧めです。 なぜならば、首都圏のほうが単純に利用者数が多いからだといえます。 地方の物件は、首都圏に比べて空室リスクが高く、投資用マンションには不向きだという考え方があります。
地方と比べて首都圏は物件取得費用が高いですので、当然利回りは低くなりますが、空室リスクが低く安定した収益が期待できます。 首都圏のマンションなんて高くて買えないよ!と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、ワンルームマンションならば、手の届く物件が豊富にあるのです。
将来に備えて資産を持ちたい人は、投資用マンションの購入も考えに入れておくといいでしょう。

最終更新日 2013年05月02日 74599view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 投資 不動産
   
関連エントリー
絶対に外せない!中古マンションを買う時に気をつけるべき8のポイント
マンション購入は中古であれ新築であれ、一生に一度の買い物となる場合がほとんどです。 購入...
お金そのものに価値はない!お金はただの「交換手段」
「お金そのものに価値はない」と言われてもピンと来ないかもしれません。 勿論お金がないと生活で...
税金のかからない資産運用iDeCo 本当にお得?メリット・デメリットを紹介
近年、@s2@老後資金のために若いうちから資産運用を考えている人@/s2@が多くなりました...
宝くじや懸賞金 当たったら税金はかかるの?
宝くじやtotoBIGを買う人は、今や満18歳以上の人口のうちの約75%と言う調査結果があ...
株を持つことのメリット~キャピタルゲインとインカムゲイン~
株式投資にはどんなメリットがあるのだろう。 株を持つことのメリットを「キャピタルゲイン」と「...
Copyright (C) よろず