投資の豆知識

本当に怖い借金経営!~商売を始める前に知っておく事

なぜ商売は失敗しやすいのか?

普通の人が脱サラして商売を始めた時、その事業が成功する可能性は極めて低いということを、予め覚悟しておいたほうがいいと思います。 なぜ、ここでそのようなことをいうのかというと、商売を始める多くの人が多額のローンを背負う事から始め、その結果事業がうまくいかなくなった時に、借金の返済にかなり厳しい苦労をされているからです。

独立して誰にも使われない経営者を目指す!という野望を抱いたにもかかわらず、結局お金に追いかけられ、死ぬまで金策に走らなくてはならないケースは非常に多いです。 商売をこれから始める人がそうならないためには、まずは借金経営の恐ろしさについて知っておく必要があるでしょう。

自己資本比率の重要性

自己資本比率とは、会社の全ての資本金に対する自己資金の割合のことをいいます。 会社の資本金には、自己で用意したものと、銀行などで借入れをおこなう他人資本とがあります。
この自己資本比率が大きいほど、その会社は有利子負債が少なく持ちこたえる体力があり、逆に小さいと、総資本に対する有利子負債の割合が高いため、経営によっては今後の返済が苦しくなるケースもあります。

商売はギャンブルと同じ要素があるということ

商売を始める頃は、誰しも自分なら成功できると考えて行動するものだと思います。 ですが、商売は、当ることもあれば外れることもある、成功の確証がないギャンブルのような一面があります。
どんなジャンルも需要と供給で成り立ちますので、流行や競争に左右されやすいからです。 そこで、商売を始める前にまず考えておくことは、「最初は失敗する」ということ!
その上で資本金をどのように使うか?借入れはいくらぐらいが妥当なのか?を検討しておく必要があるでしょう。

商売は自己資本の範囲内で始める

仮に、資本金1000万円で2000万円を借入れて商売を始めた場合、失敗すると1000万円以上の負債を抱えてしまう恐れがあります。 商売を始める人の多くが、自分が持っている資本金以上に他人資本の借入れをおこなっています。
失敗ありきで商売を考えた場合、これはとても大きなギャンブルだといえるでしょう。 理想的なのは、自己資本金の範囲内でできるビジネスを考えることです。
自己資金内であれば、失敗しても最悪手持ちのお金が無くなるだけで、借金にはなりません。 借金さえ作らなければ、お金を貯めて再出発することだってできます。
無借金経営こそが、厳しい競争のある商売で乗り切ることが出来る方法だということがいえるでしょう。

最終更新日 2013年06月07日 133610view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 仕事 借金 投資
   
関連エントリー
借金がある人が自己破産しないための方法
自己破産は、@s1@裁判所から借金返済の義務を免除される債務整理の1つ@/s1@です。 ...
クレジットカードは浪費の原因?その理由や貯金のコツを解説
クレジットカードには、@s2@現金がないときでも手軽に欲しいものを買える、高額なモノでも簡...
転職に使える「資格」は?
転職を考えている人で、「アピールできる資格を何も持っていない!」と不安を抱えている人は多い...
おひとり様必見!社内恋愛を成就させる方法とメリット&デメリットとは?
社内恋愛にあこがれを持っている人もいれば、「私はゼッタイにしないわ!」と心に決めている人も...
上座ってどっちだっけ・・・忘れがちな席順のマナー
日本には、『席順のマナー』というものがあります。 すでに社会人として働いている人は、飲み会や...
Copyright (C) よろず