投資の豆知識

負けから学ぶ!外国為替証拠金取引の損小利大取引法

外国為替証拠金取引は、勝率が高いと負ける!?

FXで口座資産を減らしていってしまう人は、殆どの場合「勝率が高い」ケースだというのをご存知でしょうか?

最大25倍のレバレッジを掛けて、少額から為替の取引ができる外国為替証拠金取引(通称:FX)。 口座開設も簡単で、数万円の資本金で取引を始められる事から、一見初心者でも勝ちやすいイメージがあるかもしれません。 ですが、いざ始めてみると、思ったように利益があがらない・・・・。 コツコツ積み上げた利益をまさかの相場の値動きで浮き飛ばしてしまう・・・。 FXをやったことがある人の多くは、そんな経験をしたことがあると思います。
負けてしまう人の殆どのケースは、少しの利益と大きな損失の繰り返して資産を減らしていくのです。

FXの勝率80%は簡単に実現できる!?

トレーダーの中には、勝率を重視する考えの人もいますが、勝率はやり方次第で簡単に80%以上確保することができます。 それは、ただ単に含み益が出たらすぐに決済すればいいのです。 そうすると、殆どのトレードで勝つことが出来ます。 ただそれだと、損失に対する利益の割合が小さくなる事が多く、小さく勝って大きく負ける売買を繰り返す事になってしまいます

大事なのは損益比率!損失を抑えて利益を大きく獲るには?

FXの取引は、実はでたらめにエントリーを続けても勝率5割近くは確保できるんですね。 ランダムな値動きをする場面が多いですから。
勝率は5割程度と割り切って取引をするのであれば、利益<損失ならば、回数を重ねるたびに負けていきます。 利益=損失であっても、スプレッドコストでマイナスになっていきます。 つまり、利益が損失を上回る取引を繰り返さないと、トータルでプラスにはならないわけなのです。

ロスカット注文を利食い注文よりも少し小さめに設定する

FXでは逆指値といういわゆる損きりのオーダーを市場に出すことができます。 このロスカットを常に利食い指値よりも小さくしておくことが大事!
このやり方だと勝率は下がる傾向にありますが、利益額が大きいので、どこかで取り返すことができます。 理想的な損失と利益の割合は、1:2以上です。 これ以下の利益しか確保できそうにない場面では、エントリーを見送り、できるだけ大きく利益を確保することを続ければ、FXトレードの成績の向上が見込めます。

最終更新日 2013年06月26日 39484view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 投資
   
関連エントリー
ある日突然、あなたの銀行口座が凍結されたら!?
ある日突然、生活費などを入れている銀行口座が凍結されたら困りますよね? オークション...
税金のかからない資産運用iDeCo 本当にお得?メリット・デメリットを紹介
近年、@s2@老後資金のために若いうちから資産運用を考えている人@/s2@が多くなりました...
NISAで株主優待銘柄を買うのはあり?
@b@「株式投資始めたいけど、まだ口座を作っていない。株主優待の銘柄を持ちたいけど、NIS...
宝くじや懸賞金 当たったら税金はかかるの?
宝くじやtotoBIGを買う人は、今や満18歳以上の人口のうちの約75%と言う調査結果があ...
「つみたてNISA」は老後資金を作るのに向いている?
昨今、『老後資金は2000万円必要』などと言われています。 我々はどのようにして老後に備...
トップページ | お問い合わせ
Copyright (C) よろず