保険の豆知識

三大疾病に備える!保険の特徴や選ぶポイント

そもそも三大疾病とは?

日本人の死亡原因の約40%を占める、がん・心疾患・脳血管疾患の三大疾病は、老若男女問わずかかるリスクがある病気です。

少し前まではこの3つが死因のトップ3でしたが、平成23年に肺炎が脳血管疾患を抜いて3位になったことでも、話題になりました。 (参考:厚労省

さて、こうした変化はあるものの、三大疾病が死因の上位であることに変わりはありません。
三大疾病のリスクに備える保険として知られているのが、三大疾病保険です。文字通り、三大疾病のいずれかになった場合に一時金(保険金)が支払われる保険で、自分や家族のリスクヘッジとして、調べたことがある人も多いのではないでしょうか。

ただ、ほとんどの人は、三代疾病について、「名前は聞いたことがあるけど内容は知らない」、「本当に入る意味(メリット)はあるの?」など、疑問や不安を持っているのが現状だと思います。
ここでは、三大疾病保険について知りたい人や加入に迷っている人に向けて、三大疾病保険の特徴や保険選びのポイントをご紹介します。

「保険」で三代疾病のリスクに備えるべき理由

まず、「なぜ保険で三代疾病に備えるべきなのか?」についてご説明します。

一番の理由は、やはりお金の不安を解消するためです。三代疾病になった場合の入院費用は70〜80万円かかると言われます。
この費用はあくまで一例で、病状や治療法、入院日数によっては200万円を超えることもあります。 (数字参考:https://www.fincy.jp/~ https://allabout.co.jp/~

がんや脳血管疾患といった病気は、突然見つかったり発症したりする可能性もある病気です。
何の準備もない時に、急に200万円近くのお金が必要になれば、家計にとって大きなダメージとなります。また、入院日数が伸びるほど、仕事の収入も途切れることになり、生活そのものを180°変えなければならないリスクも出てきます。
つまり、急な病気にかかっても経済的に今まで通りの生活を維持できる(しやすくなる)、という点が、三大疾病保険に加入するべき一番の理由と言えます。

では次に、保険金がいくら支払われるのかを含めて、三代疾病保険の特徴を3つ見ていきます。

三大疾病保険の特徴 3つ

○保障される病気の対象が広い

がん保険など、特定の病気だけを保障する保険とは違い、がん・心疾患・脳血管疾患の3つを幅広くカバーできる点は、三大疾病保険の大きな特徴でしょう。
これらの病気は生活習慣の乱れが原因で起こることも多いことから、互いの関連性も高いと言われます。
ストレス、過度のアルコールや喫煙習慣、運動・睡眠不足、肥満、高血圧、といった健康事情に不安を感じている人は特に、まとめてカバーできる三大疾病保険がおすすめと言えます。
死亡や高度障害状態になった場合に保障がある、という点も魅力の1つです。

○保障が手厚い

幅広くカバーできるため、保険料がやや高くなりがちというデメリットはありますが、保障内容は手厚いプランが多いです。
例えば、生命保険・医療保険会社大手「アフラック」の保障内容は、以下のようになっています。

・がん(悪性新生物)…200万円(1回限りで初めて診断確定されたとき)
・急性心筋梗塞…200万円(1回限りで所定の症状に該当したとき)
・脳卒中…200万円(1回限りで所定の症状に該当したとき)
・死亡・高度障害状態…200万円

(参考:http://hoken.kakaku.com/~

これは、30歳男性・払込期間「終身」・保険金額200万円のプラン、の場合で、月々の保険料は約5,000円です。
保険料や保障内容は年齢や性別によって異なるので、比較サイトや保険会社のホームページなどで自分の情報を入力し、試算してみてください。

○解約返戻金がある

三大疾病保険は、基本的に、途中で解約した場合でも返戻金があります。
つまり、掛け捨ての保険とは違い絶対に何らかの形でお金が戻ってくるということです。
「これまで保険に入らなかった理由は、解約したらその分のお金が無駄になるのが嫌だったから」という人もいると思いますが、そういった心配はないのが三大疾病保険のメリットです。
ただし、掛け捨て型の保険に比べて保険料が上がるという注意点もあるので、ぜひ抑えておいてください。

三大疾病保険がオススメの人は?

ここまでの説明を踏まえて、三大疾病保険が勧められる人の特徴をまとめてみます。

・自分や家族の生活習慣に自信がなく、幅広い病気をカバーしたい
・保険料が多少上がってもいいので、手厚い保障がいい
・途中で解約する可能性がある(掛け捨てにしたくない)

三大疾病保険は、決して万人にメリットがある保険というわけではありません。
生活習慣にまったく異常ないものの、「親も祖父母もがんだから、がんだけは心配」という人は、がんの保障が手厚いがん保険への加入がおすすめかもしれません。

三大疾病保険への加入を検討している人は、メリット・デメリット両面を見て、「保障内容が自分に合っているか」をチェックしてみることから始めましょう。(ライター:尾崎 海)

最終更新日 2018年11月16日 2004view
関連豆知識 : お金 健康 病気 保険
   
関連エントリー
ふるさと納税のメリットとデメリット|損するリスクを回避しよう
ふるさと納税とは、自分のふるさと(故郷)や自分が支援・支持したい自治体に@s1@寄付@/s...
「ただより高いものはない」ってどういう意味?
「ただより高いものはない」という言葉を誰でも一度は聞いたことがあると思います。
愛着障害が恋愛を邪魔する
愛着障害ということをご存じでしょうか。精神障害疾患ではなく多くの一般の人の中にも、この愛着...
うつ病は現代の流行病|予防策や改善方法について
世界では、うつ病患者の数が@s1@3億人を上回っている@/s1@と言われます。 年間約8...
無駄遣いをやめる3つの方法
無駄遣いをやめたいと思っていても、ついつい無駄使いしてしまう人は多いのではないでしょうか。 ...
Copyright (C) よろず