掃除の豆知識

「机が汚い人は仕事ができない人だ。」とよく言われますが、実際はどうなのでしょうか?
「部屋をおしゃれにすることに何の興味もない」と考えている人、意外と少なくありません。 確かに、一人暮らしの人や、頻繁にお客さんを招くことのないという人にとっては、お金と労力の無駄にも思えるのかもしれません。
洗濯してから収納したつまりでも、翌年出してみると思わぬシミが付いていたりシワを取るのに苦労したり…、そんな経験はありませんか? お気に入りの洋服を翌年もキレイに着るために、衣替えのときにひと工夫凝らしましょう。
キッチンは女性にとってとても大切な場所です。 毎日立つところであり、作業場であり、ある意味ではストレス解消の場でもあるのです。
彼が「君の部屋が見たい!」と言う……、そんなこと急に言われても、今からじゃ片づけるのは無理! そのような情けないことにならないためにも、普段から部屋の整理整頓は行っておきたいものです。 部屋を片づけるポイントについてお話します。
気にしなければ忘れている床下の湿気。 しかし、床下が湿気ていると畳にカビが生えたりフローリングが傷んだり、いろいろとダメージが生じます。
Tシャツやスウェットにニオイが付いたならまだしも、しょっちゅう洗うわけではないセーターやスーツにニオイがついてしまうとやっかいですね。
トイレ掃除はできれば毎日したいところですが、なかなか時間がないという主婦もいます。 毎日はサッとトイレ用の濡れティッシュで拭くだけで、1週間に1回程度のしっかり掃除をするなら、 クエン酸と重曹を上手に使ってピカピカにしてしまいましょう。
オシャレなセーターも放っておくといつの間にか毛玉ができてしまいます。洋服は毛玉ができると一気に古びた印象に…。衣替えの時に毛玉を処理して、来年も気持ちよく着られるようにしておきましょう。
お気に入りのまっ白なシャツに、汗の黄ばみがついてしまうと残念ですね。さて、この黄ばみは、汗は汗でもアポクリン汗腺という穴から出る汗が原因です。 アポクリン汗腺は脇の下に多いのですが、水分や塩分の他、リポフチンという黄ばみ成分、皮脂やタンパク質が含まれています。それで洋服が黄ばんでしまうのです。
1  2  3   次へ»
   
Copyright (C) よろず
閉じる