コミュニケーションの豆知識

日本には、『席順のマナー』というものがあります。 すでに社会人として働いている人は、飲み会や会議の場で学んだと思いますが、学生や主婦(夫)の方にとってはあまり馴染みがないはずです。 席順マナーを守るメリットは、単に常識を持っていることをアピールできるだけでありません。
「彼女が欲しいけど、初対面の人は緊張してうまく話せない!」 こんな悩みを持っている男性は少なくありません。
2017年、ニュースやSNSで頻繁に取り上げられた『インスタ映え』というワード。 政治から普及した『忖度(そんたく)』というワードとともに、流行語大賞にも選ばれました。「聞いたことはあるけど、詳しい意味は知らない」という人は多いのではないでしょうか。
相手に好印象を持ってもらいたいのは、誰しも同じですよね。特に自分が好意を持っている相手ならなおさら。 『会話』に注目してみましょう。少しの気遣いと工夫で、今よりもっと素敵な会話が出来るようになるかもしれません。
ビジネスの場において、敬語は必須のスキルです。ただ、間違った敬語を、日常的に当たり前のように使ってしまっている人は少なくありません。
雪、サンタクロース、イルミネーションなど、ロマンチックなイメージがある冬の季節。 特に、デートを楽しみたいカップルにとっては最高の季節とも言えます。 雪やクリスマスにまつわるイベントもたくさんあるため、そうした場を利用して、愛の告白をしようと考えている人も少なくないでしょう。
Facebook、LINE、インスタグラム、Twitterの4つは、日本国内の性別・年代に関わらず多くの人に利用されています。 その証拠を示すデータは、平成27年に総務省が公表した『情報通信白書』を見ればわかります。
近年、転職がブームになっていますが、転職や退職理由の1つに「人間関係が上手くいかないから」というものがあります。 中でも、上司との関係が悪化して、退職する(せざるを得ない)人が多くいるようです。 確かに、人格や言動に問題のある上司が、世の中に数多くいることはまぎれもない事実なので、辞めたくなる気持ちは大いに理解できます。
社内恋愛にあこがれを持っている人もいれば、「私はゼッタイにしないわ!」と心に決めている人もいると思います。 “恋”というものは感情で抑えられるものではありません。いざ始まってしまったら、我慢せずにアプローチしていきましょう。
「誕生日」に「クリスマス」「記念日」と、恋人同士にとって大事なイベントの日。 特に女性は「誕生日は恋人同士、二人にとって一年で一番大切な日!」なんて考えたりしていますから、力を入れて期待に応えることで彼女のラブ度がぐっと変わってくるはず。
カップルのコミュニケーションには欠かせなくなっているLINE。 ラブラブな気持ちが長続きするカップルと、すぐに破局してしまうカップルのLINEの使い方の差はどこにあるのでしょうか。
1  2  3  4  5   次へ»
   
Copyright (C) よろず
閉じる