税金の豆知識

相続法が40年ぶりに改正!知っておくべきポイント4つを解説
相続に関するトラブルは、@s2@どの時代でも必ず起こっています。@/s2@特に近年は、家族形態の多様化や超高齢化といった背景もあり、@s1@相続に関する悩みやトラブルが増えてきている@/s1@と言われます。 中でも、トラブルが多いと言われるのが、「相続対象の財産が不動産のみで分割が困難」、「遺言書がない」といった内容です。
税金のかからない資産運用iDeCo 本当にお得?メリット・デメリットを紹介
近年、@s2@老後資金のために若いうちから資産運用を考えている人@/s2@が多くなりました。ニュースなどを見て、「自分が高齢者になる頃には、年金がもらえないかもしれない」と不安を持っている人も多いでしょう。 そんな人に知っていただきたいのが、個人型確定拠出年金@s1@iDeCo(イデコ)@/s1@です。 ここでは、iDeCoの特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。
ふるさと納税のやり方を解説…確定申告しなくてもできるの?
@b@「『ふるさと納税』という言葉は知っているけど、やったことはない。」 「興味はあるけど難しそう。手続きも面倒くさそうなのでやっていない。」 「確定申告をしなくちゃいけないんでしょ?」@/b@
「つみたてNISA」は老後資金を作るのに向いている?
昨今、『老後資金は2000万円必要』などと言われています。 我々はどのようにして老後に備えればいいのでしょうか。
宝くじはどんな人が高額当選してる?当たったら税金はかかるの?
宝くじやtotoBIGを買ったことがある人は、満18歳以上の人口のうちの約75%と言う調査結果があります。
消費税が上がる前にチェック!検討すべき”節税対策”とは?
皆さんは「増税」と聞くと何をイメージしますか?おそらく多くの人が、「消費税」を思い浮かべるのではないでしょうか? しかし、増税=消費税、ではありません。日本の税金の種類は、直接税と間接税を合わせると、約50種類もあるのです。 そして、これらいずれかでも増額されれば、それは当然、「増税」したことになります。
知っておかないと年金をもらえない人も!年金の基礎知識
「年金の構造は二階建て」と言われています。 将来年金がもらえない!なんていう事態にならないように、自分がどんな風に年金を払っているのか、老後に本当に年金がもらえるのか、年金の構造を確認しておきましょう。
家を買うともらえる「住まい給付金」って?
政府は来年4月から消費税を現在の5%から8%に引き上げることを決めました。この消費増税によって住宅の販売が落ち込むのを防ぐために導入するのが「住まい給付金」です。
個人事業主よりも節税効果が高い「法人」
個人事業主が法人化することは、法人成りと呼ばれています。 自分が育ててきたビジネスが軌道に乗った時、事業の社会的信頼性の向上のために、会社の法人化を考える場面が出てくるでしょう。
1
   
トップページ | お問い合わせ
Copyright (C) よろず