税金の豆知識

消費税がついに10%!増税のメリット・デメリットと準備したいこと
日本の消費税は1997年4月に5%、2014年に8%に引き上げられました。そして、@s1@2019年10月からは10%まで上がる予定@/s1@です。 およそ20年の間に5%上がることになりますが、これは同時に、家計の支出が5%増加するということです。 これまで消費税について無関心だった人も、日々の買い物や節約方法について、考えざるを得なくなります。
ふるさと納税のメリットとデメリット|損するリスクを回避しよう
ふるさと納税とは、自分のふるさと(故郷)や自分が支援・支持したい自治体に@s1@寄付@/s1@という形でお金を納める制度です。 なぜ、「自分のふるさと以外の自治体にお金を寄付するのか?」ですが、動機は人によって様々です。
2018年から始まるつみたてNISAとは?
近年、株やFX、仮想通貨など金融に関する様々な商品に投資・投機する人が増えてきました。 数千円単位という少額から始められるため、個人でも簡単に取引ができるようになってきたのです。
宝くじや懸賞金 当たったら税金はかかるの?
宝くじやtotoBIGを買う人は、今や満18歳以上の人口のうちの約75%と言う調査結果があります。(総務省 平成22年8月 第12回「宝くじ」に関する世論調査報告書)少ない高額当選の権利をこれだけ多くの人が買っているため、当たる確率はかなり低いです。 実際に、購入する人も「どうせ当たらないだろう…」という気持ちで買っている人が多いと思います。
消費税が上がる前にチェック!検討すべき”節税対策”とは?
皆さんは「増税」と聞くと何をイメージしますか?おそらく多くの人が、「消費税」を思い浮かべるのではないでしょうか? しかし、増税=消費税、ではありません。日本の税金の種類は、直接税と間接税を合わせると、約50種類もあるのです。 そして、これらいずれかでも増額されれば、それは当然、「増税」したことになります。
知っておかないと年金をもらえない人も!年金の基礎知識
「年金の構造は二階建て」と言われています。 将来年金がもらえない!なんていう事態にならないように、自分がどんな風に年金を払っているのか、老後に本当に年金がもらえるのか、年金の構造を確認しておきましょう。
サラリーマンでも確定申告をすれば税金が戻ってくるケースとは?
確定申告というと、会社員の大部分は「年末調整」により会社の方で所得税が精算されますので、無関係だと考えがちです。 ただし、納め過ぎの所得税がある場合、申告することで税金の還付を受けられるケースがあります。これを還付申告といいます。
知らないと損をする!増税対策の「3つの給付金」って何?
消費税率が5%から8%にアップすることで、3月には駆け込み需要が増えました。 4月以降、消費が落ち込むことが予測されますが、政府は増税対策として3つの給付金を支給することが決定しました。
家を買うともらえる「住まい給付金」って?
政府は来年4月から消費税を現在の5%から8%に引き上げることを決めました。この消費増税によって住宅の販売が落ち込むのを防ぐために導入するのが「住まい給付金」です。
個人事業主よりも節税効果が高い「法人」
個人事業主が法人化することは、法人成りと呼ばれています。 自分が育ててきたビジネスが軌道に乗った時、事業の社会的信頼性の向上のために、会社の法人化を考える場面が出てくるでしょう。
1
   
Copyright (C) よろず