ローンの豆知識

融資審査に落ちる人に共通する4つのポイント
銀行や消費者金融から融資を受けるときに必ずあるのが、@s1@審査@/s1@です。審査があるのは、年収数千万円稼ぐ人でも100万円の人でも同じです。 ただ当然、前者は審査に通りやすい人、後者は通りにくい人、ということになります。 つまり、@s2@原則収入が低い人の方が、お金を借りられる可能性は低い@/s2@ということです。
今より金利が低ければ住宅ローンは借り換えるべき?
広告・チラシでよく見かけますね。「今の金利とお比べください!」そして、大きく〇.〇%と書かれた数字が明らかに今借りているものより低かったりすると、焦りのようなものさえ感じてしまいます。
年収300万円で家は買えるのか?
まず、家を買うのに必要なのが、銀行からの住宅ローン融資です。 収入が年収300万円の場合、他にローンが無いとして約6倍までの融資なら可能というのが、住宅ローン融資の通説のようです。
おまとめローンで一本化
消費者金融のキャッシングサービスは小額ならばその日のうちに融資を受けられ大変便利です。 ですが、簡単がゆえに、複数の業者から借り入れをしてしまい、返済が大変になってしまうケースがあります。 そんな場合には『おまとめローン』の利用を検討しましょう。
家を買うともらえる「住まい給付金」って?
政府は来年4月から消費税を現在の5%から8%に引き上げることを決めました。この消費増税によって住宅の販売が落ち込むのを防ぐために導入するのが「住まい給付金」です。
35年長期の住宅ローンは本当に借りていいのか?
住宅ローンは通常、数年間固定金利でその後変動金利に切り替わるタイプが主流です。 しかし、ローン完済までの35年間ずっと固定金利のフラット35のほうが金利変動のリスクがないということから、今注目を集めています。
1
   
Copyright (C) よろず