保険の豆知識

「年金の構造は二階建て」と言われています。 将来年金がもらえない!なんていう事態にならないように、自分がどんな風に年金を払っているのか、老後に本当に年金がもらえるのか、年金の構造を確認しておきましょう。
生命保険を検討すべきと言われても、毎月の出費を考えるとなかなか踏み出せません。特に貯金がない場合は、保険料は無駄な出費に思えるかもしれません。しかし、貯金がない人ほど生命保険を検討すべきなのです。なぜなら、もしもの事があった時に残された人達がお金がなくて困ってしまうからです。
生命保険には終身保険と定期保険がありますが、どちらを選べば良いのでしょうか。終身保険と定期保険にはそれぞれ特徴があります。終身保険と定期保険のメリット・デメリットを抑えて、自分に合った保険を選びましょう。
保険は将来起こるかもしれない不利益に対し保険料を支払い、万が一の場合には補償を受けられる制度です。 自分の為だけでなく、家族や子供の為にも、突然の病気や事故に備え、保険について検討しておく事をお勧めします。
もしもの時に備えて医療保険に入っておこう考えた時に、あなたは何を重視するでしょうか。保障の期間や保険料など、保険によって違いがあります。医療保険は大きく分けて終身医療保険と定期医療保険の2つがあります。どちらに加入するのが良いのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを説明します。
保険に加入したいと思っても、どこで契約するのかが分からないと加入できませんよね。保険の販売窓口は大きく分けて3つあります。 ①保険会社の対面営業②複数の保険会社と代理店契約を結んでいる乗合代理店③インターネットでの申し込みによるネット保険 それぞれのメリット・デメリットを見ながら自分に合った窓口を選択しましょう。
保険に加入してから、一度も保険の見直しをしたことがない方も多いのではないでしょうか。保険はライフステージごとの見直しが必要です。独身の時と結婚して子供が生まれた時とでは事情が異なりますよね。現状のままでは足りないかもしれませんし、逆に必要以上に保険に入ってしまっているかもしれません。
私たちは、常にリスク(不安)と隣り合わせの生活をしていると言っても過言ではありません。 万が一、病気や事故に遭い死亡、入院などしてしまった場合、たちまち収入は無くなり経済的に困ることになります。 また近頃の年金問題など、老後の生活に対する不安も抱えています。 このような不安の中、いざという時に経済的に困らないで済むように、自分でできる準備が『生命保険』なのです。
ジャパン少額短期保険が、満員電車などで痴漢に間違われた場合に、すぐに弁護士と連絡が取れる保険を発売しました。
日本人の死亡率№1のがんなので、万が一に備えてがん保険に入っていらっしゃる方も多いと思います。 しかし、その万が一に保険が支払われないとなったら、どうしますか?
この高齢化社会で、ふいに家族の中の誰かや知り合いなどが亡くなる機会が増えているみたいです。 なにぶん急な話で、お葬式などの対応に困るようなこともあるでしょう。 ふいのお葬式に備えるためのお金の話をします。
自動車やバイクの運転にはリスクが付きものです。日頃どんなに安全運転を心がけていたとしても、ドライバーである以上は事故に巻き込まれる可能性はゼロではありません。そんなドライバーの万が一のための保険が自動車保険です。
任意の自動車保険に加入していますか? 自動車保険には、さまざまな「ロードサービス」が付いています。
1  2   次へ»
   
Copyright (C) よろず
閉じる