夏季の豆知識

先祖や親しかった故人のお墓に訪れるお墓参りは、世界の多くの国で行われている風習です。 日本では、故人の命日・春と秋のお彼岸・夏のお盆が一般的な時期となっています。 しかし近年、お墓参りをする人が減ってきている傾向があります。
総務省によると、平成28年の5~9月における全国の熱中症救急搬送人員の数は、5万412人という調査結果があります。 平成27年に比べると約1割減ってはいるものの、決して少ないとは言えない数字です。
今でこそ、夏の風物詩として当たり前のように全国的に楽しまれている花火ですが、日本における花火の由来や歴史を知っている人は少ないのではないでしょうか。
クールビスとは、2005年に始まった地球温暖化対策の1つです。 主に企業や団体に提案された取り組みで、夏場、室温を28℃に設定することで電気代や外への熱の放出を削減することが主な目的とされています。
エアコンは今や私たちの生活に欠かせない電化製品です。身近なエアコンですが、正しい使い方をしないと様々なリスクが生じることをご存知でしょうか。 長い間掃除を怠ったエアコンは、私たちの健康にとって重大な悪影響を及ぼします。
プールは大人にとっても子どもにとっても、大きな夏のイベントの1つです。 毎年多くの人が夏休みやお盆休みなどの長期休暇を利用して、テーマパークや公共施設のプールに足を運びます。
@b@〇七夕とは@/b@
よく勘違いされるのですが、お中元にはお祝いの意味合いはありません。あくまで日ごろお世話になっている人へお礼をするための贈り物です。
梅雨とは、6月から7月の中旬に見られる長雨の季節のことです。 温かくて湿った空気の塊(太平洋気団)と冷たく湿った空気の塊(オホーツク海気団)が、日本の上空でぶつかり合ってできる梅雨前線と呼ばれる前線によってもたらされます。
洗濯してから収納したつまりでも、翌年出してみると思わぬシミが付いていたりシワを取るのに苦労したり…、そんな経験はありませんか? お気に入りの洋服を翌年もキレイに着るために、衣替えのときにひと工夫凝らしましょう。
1  2  3  4   次へ»
   
Copyright (C) よろず
閉じる