相続の豆知識

生きているうちに相続対策をしておこうという方もいらっしゃると思います。最も身近な相続対策は生前贈与です。生前贈与とは、生きているうちに財産を贈与して移転させることをいいます。
相続税という言葉はテレビなどでもよく聞きます。自分も相続人になった時は相続税を支払うことになるのか、知っておきたいですよね。相続税は相続した人全員が支払っているわけではありません。相続税は基礎控除額を超えた場合のみ支払うことになります。 2013年に相続税を支払った人の割合は4.3%です。しかし2015年に相続税の基礎控除額が縮小されたので、課税する人の割合も増えることになります。
亡くなった夫の遺言書に「愛人に全財産を相続する」と書いてあったらどうなるでしょうか。ドラマでありそうな展開ですが、遺留分によって財産の取得を保証されているので、財産の一部を取り返すことが出来ます。遺留分は相続人によって異なります。
遺言書に書かれていない財産があったり、そもそも遺言書がない場合は遺産分割を行うことになります。遺産を分割する際、不動産は人が住んでいたりしたら簡単に遺産分割できませんよね。どうすれば良いのでしょうか。遺産分割には3種類の方法がありますので、いずれかの方法を選択することになります。
相続が発生した時に故人が借金まみれだった場合どうなるでしょうか。そういった場合、相続は放棄することが可能です。また、限定承認というプラスの財産の範囲内で債務を引き継ぐ方法もあります。 相続の方法は3種類あります。人が亡くなり相続が発生したら、3ヶ月以内に「単純承認」「相続放棄」「限定承認」の3つから相続の方法を選択します。
相続で土地を取得することがありますが、評価の方法が分からないと相続税の計算も出来ずに困りますよね。土地の評価方法は「路線価方式」「倍率方式」のふたつがあります。路線価が付いている場所は路線価方式、路線価がついていない場所は倍率方式で評価します。路線価方式の場合、宅地評価額=路線価×土地の面積×補正率(画地調整)で求めます。
相続した財産すべてに相続税がかかるのでしょうか、実は相続税がかからない非課税財産があります。相続財産を調査する前に、相続税がかかる財産と相続税がかからない財産を知っておきましょう。
相続が発生した時に、自分は相続人なのか、誰が相続人なのかを知りたいですよね。相続できる人は民法で定められていて、法定相続人と呼びます。相続には優先順位があり、法定相続人が決定します。なお、配偶者は常に相続人に含まれるため、優先順位の対象外です。
遺言書はドラマでよく出てきますが、遺言書の種類を知っている方は少ないのではないでしょうか。遺言書は遺書と異なり、法律で定められた要件に従って作成します。この記事では遺言書中でも一般的な「自筆証書遺言」「公正証書遺言」を説明します。
人が死亡すると相続が始まりますが、相続の流れが分からないという方は多いのではないでしょうか。 この記事では相続の流れを説明します。
1
   
Copyright (C) よろず
閉じる