スマートフォンの豆知識

スマホやタブレットを使っている人は、『通信制限』という言葉を、一度は耳にしたことがあると思います。 耳にしているどころか、「通信制限にいつも悩まされている!」とストレスを感じている人もいるでしょう。
2017年、ニュースやSNSで頻繁に取り上げられた『インスタ映え』というワード。 政治から普及した『忖度(そんたく)』というワードとともに、流行語大賞にも選ばれました。「聞いたことはあるけど、詳しい意味は知らない」という人は多いのではないでしょうか。
ゲームと聞くと、子どもの遊び道具という認識を持っている人は多いと思います。 しかし近年は、むしろ大人の方がゲームに時間やお金をかけているのが実態です。 ゲームはもはや子どもや大人という境界線を越えて、楽しまれる生活の中のアイテムとなっているのです。
近年、スマホや携帯電話の値下げ競争が激化しています。無料通話アプリや格安プランが登場し始めたことがその背景にありますが、中でも「格安SIM(カード)」の登場と普及は、これまで以上に大幅な値下げが実現できるようになりました。
課金をし続けてしまう人はなぜやめられないのでしょうか。 結論から言うと、スマホゲームは「課金がやめられないように作られている」からです。具体的には次の3つです。
そもそもなぜ人はスマホに依存するのでしょうか。主な原因は3つあります。
カップルのコミュニケーションには欠かせなくなっているLINE。 ラブラブな気持ちが長続きするカップルと、すぐに破局してしまうカップルのLINEの使い方の差はどこにあるのでしょうか。
近いところが見えにくくなる「老眼」は、目の老化現象のひとつです。 本来は高齢者がかかる病気ですが、近頃はスマホを長時間見続けることで老眼の状態になる、「スマホ老眼」にかかる若い人が増えていると言われます。
スマホをジャケットのポケットに入れたままトイレに入ったら、ポチャン! そんな経験はありませんか!?
若くても発症する認知症として「若年性認知症」があげられますが、発症の時期は平均で50歳ぐらいです。 ただ、この年代は認知症の症状が出ていても「更年期障害」と思われることも多く、発症に気づけない場合があります。
1  2  3   次へ»
   
Copyright (C) よろず
閉じる