掃除の豆知識

トイレ掃除はできれば毎日したいところですが、なかなか時間がないという主婦もいます。 毎日はサッとトイレ用の濡れティッシュで拭くだけで、1週間に1回程度のしっかり掃除をするなら、 クエン酸と重曹を上手に使ってピカピカにしてしまいましょう。
オシャレなセーターも放っておくといつの間にか毛玉ができてしまいます。洋服は毛玉ができると一気に古びた印象に…。衣替えの時に毛玉を処理して、来年も気持ちよく着られるようにしておきましょう。
お気に入りのまっ白なシャツに、汗の黄ばみがついてしまうと残念ですね。さて、この黄ばみは、汗は汗でもアポクリン汗腺という穴から出る汗が原因です。 アポクリン汗腺は脇の下に多いのですが、水分や塩分の他、リポフチンという黄ばみ成分、皮脂やタンパク質が含まれています。それで洋服が黄ばんでしまうのです。
お酢というと本当にいろいろな使い方があることをご存じでしょうか。 例えば多く知られているところでは、梅雨の腐りやすいときでも、ちょっとお酢を垂らすだけで腐りにくくなります。 おにぎりに梅干しを使うと長時間腐らないというのも酢酸効果なのです。
ゴキブリは一度の産卵で30個の卵を産みます。しかも、ワンシーズンで3~5回の産卵をします。つまり、一対のゴキブリから優に100匹以上のゴキブリが生まれるということですね。
外出先で洋服にシミができてしまったら…。まずはティッシュでつまむように拭き取りましょう。擦るとシミが広がってしまうので擦ってはいけません。 手元に水があるなら、服の裏側に乾いたティッシュを当て、洋服の表から濡らしたティッシュでトントンと叩くようにして、できるだけ落としておきましょう。
日本家屋の特徴でもあるのが障子です。障子は太陽光を適度に遮りつつ、部屋全体を均等に明るくしてくれる優れもの。通気性、保温性、吸湿性に優れ、日本の気候に大変マッチしています。
ドライマークがついているダウンジャケットも、洗い方に注意すれば自宅でも洗えます。クリーニング代を節約したいなら手洗いの術を身につけましょう!
家の中に物が多いと、災害時にジャマになったり、必要なものが見つからないことがあります。 普段から家の中を片付けておくようにすれば、どこに何があるかがわかって短時間で避難しやすくなるでしょう。
洗いたての洗濯物。清潔で気持ちがいいものですね。さて、ここでは洗濯物を干すときのちょっとしたコツについてお話したいと思います。
«前へ   1  2  3   次へ»
   
Copyright (C) よろず
閉じる