コミュニケーションの豆知識

テレビドラマにもなった「意識高い系男子」、自分の経歴や人脈などを得意げに吹聴するタイプを指します。 アピール過剰なわりに実力が足りないことから、こう呼ばれています。
まだスキなのに、相手から別れを切り出されたらどうしますか?  スキだからこそ綺麗に別れたい。でも実際にはやっぱりすごく悲しくて辛くて取り乱すかも知れません。 まったく予想のない別れは辛いものです。
話をしている最中に、なんとなく相手がつまらなそうに感じることはないでしょうか? 相手の反応を無視して、あるいはまったく気にとめないままで会話していると、ある日突然音信普通になるようなことが起こります。 そうなる前に、嫌われる人に共通の話し方を学んでおきましょう。
相手に好印象を持ってもらいたいのは、誰しも同じですよね。特に自分が好意を持っている相手ならなおさら。 『会話』に注目してみましょう。少しの気遣いと工夫で、今よりもっと素敵な会話が出来るようになるかもしれません。
合コンで座るとき、あなたは真ん中に座りますか? それとも、隅っこに座るタイプでしょうか。 この座り位置にも性格が出ますが、気になる相手がいないときはどの席でもかまいません。 その席から、合コンに参加している異性をよく観察してください。
セクハラがやっと社会的に広まってきたと思ったら、今度は“マタハラ”の登場です。 マタハラは、「マタニティーハラスメント」の略で、妊娠中の女性が精神的または肉体的な嫌がらせを受けるというものです。
空気の読めない人とは、人の気持ちがわからない、まわりの状況に合わせられない人のことです。 「言っていいこと」と「悪いこと」の区別がつかず、“天然”などと言われることもあります。 しかし、マイペースで悪気のない人も多いので、付き合い方さえわかれば、それほど気にならなくなるかもしれません。
恋人とケンカをした後の謝り方は、意外に難しいものです。 「とりあえず、謝っておこう」という中途半端な謝り方は、人によっては「謝ればいいと思って…」などと誠意がないように見えることがあるので要注意です。
「どうせ車を出すのなら、私も乗せて」とか、「ついでにこれも買ってきて」などと相手の迷惑を考えず、思ったことを何でも口にする図々しい人がいます。 そういう人と一緒にいると、おとなしい人が一方的に損をするようなことが起こります。
好みじゃない異性に強引に食事に誘われて、困った経験はありませんか? 「タイプじゃないので」と言えれば苦労はありませんけど、仕事で付き合いがある場合などは、その後の関係がギクシャクしてしまうのが困りものです。
お友達が多いのはいいことですが、何かとお付き合いにお金がかかるものですね。特に問題になるのは飲み会やランチなどです。遊園地やカラオケ、ショッピングに誘われることもありますね。
«前へ   3  4  5  6  7   次へ»
   
Copyright (C) よろず
閉じる