投資の豆知識

FXテクニカル指標「RSI」を使った「売られすぎ、買われすぎ」相場分析
FXのテクニカル指標のひとつである「RSI」。 このRSIは、「売られすぎ、買われすぎ」をシグナルとして、相場が加熱した状態を表すテクニカル指標です。 逆張り手法のトレードに最適で、エントリータイミングを計るひとつの手段として用いられます。
FXの指標発表はこう使え!
最大25倍までのレバレッジをかけて投資ができるFXは、海外の主要通貨をPCやモバイル端末を使って少額の資金から取引を始められます。 通貨の値動きの傾向や経済状況を分析しながら取引を行うのですが、為替相場を分析する上で欠かせない物が「経済指標の発表」です。
住宅ローンの生命保険「団信」はタダで入れるは嘘!?
金融機関で住宅ローンを契約する際に、ほとんどのケースで加入が必要となる団体信用生命保険。 この保険は、住宅ローン契約者が残債を残したまま高度障害や死亡し、返済不可能になった場合、残りの残債を弁済してくれる保険です。
海外FX口座開設でハイレバレッジ取引
国内で施行されたFXのレバレッジ規制に伴い、海外のFX口座が注目を集めました。 日本では、個人口座の場合上限25倍のレバレッジでしか取引できないのに比べて、海外のFX口座は、100~400倍といったハイレバレッジの取引が可能です。
クラウドファンディングを使って上手に資金集めを
新しいビジネスを始めたい。自分の店舗を持ちたい。そう思っていても、どうせ資金が集められないからといって諦めている方がいらっしゃるのではないでしょうか。そんなあなたにぴったりなのが、クラウドファンディング。
不動産チラシで失敗しない方法
不動産の広告やチラシは、物件を何とか早く、できるだけ高く売る目的で作られます。不動産業界にも誇大広告防止法や公正競争規約など広告規制はあり、日本一とか業界一、最高級、当社だけなどの言葉を使うことは禁じられています。
少額投資非課税制度「NISA」の注意点
いよいよ2014年度から開始される少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」。
15階建てマンションに潜むリスクとは?
「15階建てマンションだけは買わない方がいい」。マンション開発に詳しい専門家の間でささやかれていることです。
2014年導入「NISA(ニーサ):少額投資非課税制度」の基礎知識
2014年1月から導入される「NISA(ニーサ)」。少額投資非課税制度は、通常20%課税される上場株式や投資信託などの配当および売買益が“非課税”となる制度です。
株式投資はチャートで勝てる!テクニカル分析の活用方法
株式投資をする上で、今では必須ツールとなったチャート機能。 チャートには、ローソク足や平均足といわれる、様々なスタイルのテクニカル分析ツールがトレーダーに提供されています。
«前へ   1  2  3  4  5   次へ»
   
Copyright (C) よろず