健康食品の豆知識

効果的な水分補給の仕方
成人の場合、体重の60%が水分であると言われています。水分は体の機能を円滑に保つのに欠かせないため、1日最低でも800mlは摂取しなければならず、それを下回ると健康を害してしまいます。
夏バテ・汗臭・美容にも!たくさんあるお酢の効果
お酢というと本当にいろいろな使い方があることをご存じでしょうか。 例えば多く知られているところでは、梅雨の腐りやすいときでも、ちょっとお酢を垂らすだけで腐りにくくなります。 おにぎりに梅干しを使うと長時間腐らないというのも酢酸効果なのです。
午前中から頑張るために、朝食をとろう!
朝食をとらないという方、多いのではないでしょうか。 朝は忙しく食欲がないということもあると思います。 しかし、朝食はとても重要なのです。
早めに認知症予防始めませんか?
認知症については、まだまだ解明されていない事が多く、不安が募ってきますが、 良いといわれる事はとりあえず実行して、積極的に予防に取り組んではいかがでしょうか?
無農薬野菜の落とし穴
無農薬野菜というと、まったく農薬を使ってない農法での野菜です。また、よく比べられるのが有機農法の野菜です。
冬はこうして血流を良くする!
血流が良ければ代謝が良くなり、生活習慣病を防ぐことができます。お肌のトラブルも減り、ダイエット効果も期待できます。生理不順や冷え症が改善され、自律神経を整えるのにも効果的です。さあ、血流を促しましょう。
がん予防になる「デザイナーフーズピラミッド」
デザイナーフーズピラミッドという言葉を聞いたことはありますか? がんの予防効果が高いとされる食品を、効果が高い順にピラミッド型にした図をいいます。 アメリカの国立がん研究所が、その研究結果を三段に分けて公開しています。
ゆる断食でお正月太りをリセット!
お正月はついつい食べ過ぎてしまい、七草粥の頃、後悔するのが毎年の 恒例行事に...。 でも新年早々落ち込んでばかりもいられません。無かったことにすればいい!
発酵食品で病気知らずになろう!
腸って、お腹をこわしたら思い出してもらえる、どちらかといえば軽く見られがちな内臓です。 でも、それは大きな間違いなのです。
バナナを長持ちさせる方法
汗をかきやすい夏場に失われがちなカリウム。 カリウムは、体内のナトリウムの排出を促し、高血圧やむくみを解消する働きがあります。 筋肉の動きをスムーズにすることで、足がつったりするのを防ぐ効果もあるようです。
«前へ   1  2  3  4   次へ»
   
Copyright (C) よろず