健康食品の豆知識

子供のころ大人によく言われていた、「炭酸飲料は骨が溶けるから飲みすぎちゃダメ!」は本当なのでしょうか?
油を使わず低カロリーで揚げ物を調理できる「ノンフライヤー」。 本社がオランダにあるフィリップス社から発売された調理器具です。
梅干や酢昆布などの佃煮や、レモンやグレープフルーツに含まれているのがクエン酸。 食べてみて「酸っぱい」と感じるのが特徴的です。
ミドリムシというのは、水たまりなどに生息する微生物ですが、これが豊富な栄養素を持っていることから、食用として注目されはじめています。
春先になると、アレルギー性鼻炎持ちの人を悩ませる花粉症。 くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなど、人前に出るのをためらってしまうほど、こすりすぎた目や鼻が赤く腫れてしまいます。
40代以降に増えてくる顔や体のしわ、たるみ。これらを引き起こし、老化を早める原因にもなるのが「肥満」や「糖化」です。
エチオピア原産で、古くはイスラム教の聖職者が「秘薬」として飲用したともいわれるコーヒー。近年、コーヒーが健康に及ぼす影響の研究が進み、400年以上にわたって世界で飲まれてきたコーヒーの効用が注目を集めています。
甘酢漬けとして食卓に乗ることの多いラッキョウですが、殺菌や利尿、発汗、整腸などさまざまな薬効があり、昔から薬用植物としても広く利用されてきた健康食品です。
トマトに含まれているリコピンには、細胞の老化を防ぐ抗酸化作用があります。 抗酸化作用とは、体内で発生する活性酸素を除去する作用のこと。
ヒジキは褐藻類ホンダワラ科の海藻ですが、昔から「ヒジキを食べると長生きする」と言われている健康食品。従来の「敬老の日」にちなみ、9月15日が「ヒジキの日」になっているほどです。
«前へ   1  2  3  4   次へ»
   
Copyright (C) よろず
閉じる