税金の豆知識

相続税がかかる財産と相続税がかからない財産がある 相続財産の調査方法
相続した財産すべてに相続税がかかるのでしょうか、実は相続税がかからない非課税財産があります。相続財産を調査する前に、相続税がかかる財産と相続税がかからない財産を知っておきましょう。
相続人は誰? 相続できる人、法定相続人は民法で決まっている
相続が発生した時に、自分は相続人なのか、誰が相続人なのかを知りたいですよね。相続できる人は民法で定められていて、法定相続人と呼びます。相続には優先順位があり、法定相続人が決定します。なお、配偶者は常に相続人に含まれるため、優先順位の対象外です。
遺言書の種類、知ってますか?
遺言書はドラマでよく出てきますが、遺言書の種類を知っている方は少ないのではないでしょうか。遺言書は遺書と異なり、法律で定められた要件に従って作成します。この記事では遺言書中でも一般的な「自筆証書遺言」「公正証書遺言」を説明します。
相続の流れやスケジュールはどうなっているの?
人が死亡すると相続が始まりますが、相続の流れが分からないという方は多いのではないでしょうか。 この記事では相続の流れを説明します。
サラリーマンでも確定申告をすれば税金が戻ってくるケースとは?
確定申告というと、会社員の大部分は「年末調整」により会社の方で所得税が精算されますので、無関係だと考えがちです。 ただし、納め過ぎの所得税がある場合、申告することで税金の還付を受けられるケースがあります。これを還付申告といいます。
知らないと損をする!増税対策の「3つの給付金」って何?
消費税率が5%から8%にアップすることで、3月には駆け込み需要が増えました。 4月以降、消費が落ち込むことが予測されますが、政府は増税対策として3つの給付金を支給することが決定しました。
家を買うともらえる「住まい給付金」って?
政府は来年4月から消費税を現在の5%から8%に引き上げることを決めました。この消費増税によって住宅の販売が落ち込むのを防ぐために導入するのが「住まい給付金」です。
個人事業主よりも節税効果が高い「法人」
個人事業主が法人化することは、法人成りと呼ばれています。 自分が育ててきたビジネスが軌道に乗った時、事業の社会的信頼性の向上のために、会社の法人化を考える場面が出てくるでしょう。
«前へ   1  2
   
Copyright (C) よろず
閉じる