保険の豆知識

リストラにあってしまったら!?失業給付の基礎知識
突然、リストラにあってしまったような場合の救いになるのは、雇用保険の「失業給付」です。 しかし、誰でももらえると思ったら大間違いで、正社員でも支給されないケースがありますし、支給額は勤務年数にもよるので少ないことも考えられます。
ペット保険は必要?~1日104円から入れる補償サービス
ご自宅で買っている愛犬や愛猫が、病気になった時のために補償が受けられるペット用の健康保険。 ソニー損保が代理店を勤めるアニコム損保の「どうぶつ健保」なら、トイプードルなどの小型犬のケースで、1日あたりの保険料約104円で加入ができるみたいです。
住宅ローンの生命保険「団信」はタダで入れるは嘘!?
金融機関で住宅ローンを契約する際に、ほとんどのケースで加入が必要となる団体信用生命保険。 この保険は、住宅ローン契約者が残債を残したまま高度障害や死亡し、返済不可能になった場合、残りの残債を弁済してくれる保険です。
保険について
保険は将来起こるかもしれない不利益に対し保険料を支払い、万が一の場合には補償を受けられる制度です。 自分の為だけでなく、家族や子供の為にも、突然の病気や事故に備え、保険について検討しておく事をお勧めします。
出産でもらえるお金の話
少子化が叫ばれている日本、ほとんどの自治体が出産に関して手を差し伸べています。 現在妊娠中の方、これから出産を考えているという女性は、健康保険から「出産育児一時金」などの補助金が支給になりますから、お近くの役所に問い合わせてみてください。
働く女性のための生命保険選び
長引く不況でご主人のお給料が減って、夫婦共働きのご家庭が増えてきている様子です。 独身女性と家庭を持つ女性では、加入する生命保険の種類が異なります。 自分ひとりの場合は、死亡保障などはさほど必要としませんが、配偶者や子供がいると亡くなった後の心配がでてくるでしょう。
ユニークな商品がそろったミニ保険
負担の少ない保険料で簡単、手軽に利用できる「ミニ保険」の利用者が増えてきています。「ミニ保険」は2006年の保険業法改正で誕生した新しい保険で、正式名称は「少額短期保険」。
リスクに備えて生命保険
私たちは、常にリスク(不安)と隣り合わせの生活をしていると言っても過言ではありません。 万が一、病気や事故に遭い死亡、入院などしてしまった場合、たちまち収入は無くなり経済的に困ることになります。 また近頃の年金問題など、老後の生活に対する不安も抱えています。 このような不安の中、いざという時に経済的に困らないで済むように、自分でできる準備が『生命保険』なのです。
ペットも高齢化、ペット保険は必要!?
人間の寿命が長くなっていますが、ペットも高齢化してきているようです。 ペットの高齢化に伴い、病気やケガをするリスクも増えてきています。
海外旅行中も健康保険が使える
これからの年末年始に海外旅行をされる方も多いと思います。海外旅行中に万一、ケガをしたり病気になったときの治療費はどうしますか?
同じようで違う「耐震」「制震」「免震」
建物の倒壊など大きな被害が出た東日本大震災以降、新築マンションでは「制震構造」あるいは「免震構造」を売り物にした物件が発売されるようになってきました。これらは、従来の「耐震」とはどう違うのでしょうか?
自動車保険について
自動車やバイクの運転にはリスクが付きものです。日頃どんなに安全運転を心がけていたとしても、ドライバーである以上は事故に巻き込まれる可能性はゼロではありません。そんなドライバーの万が一のための保険が自動車保険です。
«前へ   1  2
   
Copyright (C) よろず
閉じる