病気の豆知識

食物アレルギーを、ただの好き嫌いとカンチガイしている人がいるようです。 「偏食は良くない、出されたものはなんでも食べなさい」というしつけが、食物アレルギーのある子供の命取りになってしまうことがあります。
エチオピア原産で、古くはイスラム教の聖職者が「秘薬」として飲用したともいわれるコーヒー。近年、コーヒーが健康に及ぼす影響の研究が進み、400年以上にわたって世界で飲まれてきたコーヒーの効用が注目を集めています。
低体温症というのは、体内の温度が35℃以下に下った状態を指し、身体のふるえや頭痛、吐き気といった症状が出るというものです。 低体温症にかかると免疫力が低下して、病気にかかりやすくなったり、アレルギーを発症したりするみたいです。
国立がん研究センターでは、がん予防効果があると期待される生活習慣や栄養素などの研究の中で、特に日本人で確実性が高いものについて「日本人のためのがん予防法」としてホームページで掲載しています。数万人規模で日本人を長期間、追跡調査した疫学研究などがもとになっています。
今年も、ノロウィルスの季節がやってきました。 毎年、11月から3月ぐらいまでの間に感染者が増加します。 ノロウィルスは人や食品などから感染し、「吐き気、おう吐、下痢、腹痛」といった症状が出ます。 健康な人は回復が早いようですが、お年寄りや子供などは重症になるおそれがあります。
冬はインフルエンザの季節。日本でインフルエンザが最も流行するのは12~3月です。
新しい栄養素として「ファイトケミカル」が注目されてきています。「ファイトケミカル(植物がつくる物質)」とは、野菜や果物、豆類、海藻などに含まれる成分で、ポリフェノール、カロテン、イソフラボンなどが代表的なものとして知られています。最近の研究で、ファイトケミカルの健康維持・改善効果が明らかになってきました。
学校でのいじめや将来への不安、長時間労働、低賃金などなど、現代の社会には、精神的ストレスの元になるものがあふれています。 精神的ストレスは、現代、爆発的に患者を増やしている「うつ病」を引き起こす恐れがあります。
糖尿病は不時の病とされており、糖尿病になったら治らないとされていますが、糖尿病に効果があるとされている食べ物がありますそれは「菊芋」と言われる食べ物で、それを毎日食べ続ければ血糖値を下げる事が出来るようです。
肥満は、体に様々な弊害をもたらす恐れがあります。 その弊害のひとつが、サイレントキラーと呼ばれる「高血圧」です。 高血圧がなぜサイレントキラーと呼ばれているのかご存知でしょうか? 高血圧は、心筋梗塞や脳梗塞などの命にかかわる病を、途中痛みや苦しみもなく進行させ、静かに死を招く病を発症させるリスクがあるからなのです。
«前へ   3  4  5  6   次へ»
   
Copyright (C) よろず
閉じる