病気の豆知識

あなたの息は臭くない!?正しいマウスケア
口が臭いと思ったら、虫歯や歯磨きを意識する人は多いと思います。 唾液の分泌量なども口臭と関連しています。寝ているときは唾液の分泌が少ないことから、朝起きたときに口が臭くなると言われています。 また、胃腸が悪い場合なども、口から悪臭となって出ることがあるようです。
プリン体を意識しすぎても痛風は治らない?
痛風の人や痛風予備軍の人にとって、プリン体食品を摂取しないことがとても重要だと言われています。 しかし単純にそうばかりではないことも最近言われているのです。
がんになっても、がん保険がもらえない!?
日本人の死亡率№1のがんなので、万が一に備えてがん保険に入っていらっしゃる方も多いと思います。 しかし、その万が一に保険が支払われないとなったら、どうしますか?
鬱状態を感じたら早めに対策を
鬱病はいまや誰でも、いつ起こっても不思議ではない病気と考えるべきではないでしょうか。 現代はネットで情報も溢れ、ストレスだらけの社会です。
若くても発症!?デジタル認知症
若くても発症する認知症として「若年性認知症」があげられますが、発症の時期は平均で50歳ぐらいです。 ただ、この年代は認知症の症状が出ていても「更年期障害」と思われることも多く、発症に気づけない場合があります。
紫外線アレルギーとは?対処法について
紫外線アレルギーとは、太陽光に含まれる紫外線に対して、皮膚がアレルギー反応を起こしてしまうというものです。 紫外線アレルギーの場合、一般に、太陽の光を浴びた部分だけに痒みを伴う発疹や水ぶくれ、かぶれが起こります。
春だけじゃない!?夏でもかかる花粉症
春から夏へと季節が変わり、花粉症は終わった……と安心していませんか? 花粉は、夏でも飛んでいます。症状は、春先に訪れる花粉症と同じで、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどに悩まされます。 夏風邪だと思っていたら花粉症だった……という例もあります。
熱中症を予防しよう!
人間の体には、自動的に体温を調節する機能があります。それを行っているのが脳の視床下部という部分で、暑ければ汗を出したり毛穴を広げたりして体温を下げるよう指令を出しています。
心身機能が衰える!?「生活不活発病」って何?
東日本大震災などの震災時に増えたのが、「生活不活発病」という病気です。 身体を動かさなくなることで心身の機能が低下していくという病気で、高齢者や家に閉じこもりがちな人に起こりやすくなります。
お金をかけない花粉症対策
花粉症の時期になると、通院代、点鼻薬、目薬、飲み薬と、何かと費用がかさむものですね。花粉症が辛くて薬を飲むと、今度は眠気に苛まれたり…。ここでは薬に頼らずに花粉症の症状を軽くする方法についてご紹介します。 一度症状が出てしまうと治りにくいので、予防のつもりで実践するのが効果的です。
«前へ   1  2  3  4  5   次へ»
   
Copyright (C) よろず