恋愛テクニックの豆知識

女の子にとって、夏はオシャレしやすい季節ですね。可愛いワンピやキャミ、ふわりとしたスカートで女の子らしい毎日を過ごしましょう。 好感度を上げる夏のファッションのポイントは、洗練されたシンプルさです。真っ白い簡単なワンピースでも、なぜかステキに見えるのが夏の力です。
暑い夏には、人は自然と爽やかさを求めます。ですから、普段は人気のアクセサリーも、夏場にゴテゴテと付けてしまうと好感度が下がります。 どうしてもアクセサリーをつけたいなら、できるだけシンプルなデザインのものを選びましょう。 また、主張の強いアクセサリーよりも、洋服に馴染む感じのものが良いでしょう。
結婚をする前には婚約指輪を女性に渡すという風習があります。婚約した証ということで女性に送られます。どうも結婚というと日本でも西洋でもやはり女性はプレゼントをもらう風習があるようです。
相手に好印象を持ってもらいたいのは、誰しも同じですよね。特に自分が好意を持っている相手ならなおさら。 『会話』に注目してみましょう。少しの気遣いと工夫で、今よりもっと素敵な会話が出来るようになるかもしれません。
勇気を振りしぼって好きな人をデートに誘ったのに、その後連絡が取れなくなってしまった……、そんな経験はありませんか?
モラハラとは、「モラル・ハラスメント」の略ですが、言葉や態度などによって人を傷つける精神的な暴力を指します。 社会は肉体的な暴力に対しては、「傷害罪」を適用させるなどして厳しく処罰しますが、精神的な暴力は目に見えないことから放置しがちです。
女性には、必要以上に年齢を気にする人が多く、年下男性と付き合う場合に年齢がハードルになることがあります。 年齢差がコンプレックスになってしまい、「女性が年上でも気にならない!?」とか、「年上の女性と付き合うのってイヤじゃない!?」などと確認しすぎるのはよくありません。
まだスキなのに、相手から別れを切り出されたらどうしますか?  スキだからこそ綺麗に別れたい。でも実際にはやっぱりすごく悲しくて辛くて取り乱すかも知れません。 まったく予想のない別れは辛いものです。
婚活ファッションは男性受けを考える必要があります。 だからといって、過激に肌を出せばいいというものではありません。 本来男性はやはりどこか清楚で自分に従ってくれる女性のイメージを求めています。 そして多くの男性はそういう女性を守ることに喜びを感じるところを持っているのです。
合コンで座るとき、あなたは真ん中に座りますか? それとも、隅っこに座るタイプでしょうか。 この座り位置にも性格が出ますが、気になる相手がいないときはどの席でもかまいません。 その席から、合コンに参加している異性をよく観察してください。
離婚するには、それなりに理由があります。また、相手の男性に子供がいる場合は、養育費を支払っていかなければなりません。 バツイチ男性と結婚するときには、離婚理由を聞いておいた方がよいでしょう。
«前へ   3  4  5  6  7   次へ»
   
Copyright (C) よろず
閉じる