恋愛テクニックの豆知識

最近は昔のように離婚も珍しくなくなっています。 またシングルマザーという言葉も定着し、当たり前のように考えられています。 しかし特に小さい子どもがいる場合などは、離婚も真剣に考えなければなりません。
ホストに貢ぐまでに散財する人は少ないかと思いますが、ヒモになりそうな男性に貢ぐタイプの女性には特徴があります。 「自分は絶対にそうはならない!」と思っていたとしても、「恋人にお金を貸したことがある」と答える女性は意外に多いようです。
女性のちょっとした仕草が、男性をときめかせることがあります。 そんな女性らしい仕草のトップ5です。
相手に好印象を持ってもらいたいのは、誰しも同じですよね。特に自分が好意を持っている相手ならなおさら。 『会話』に注目してみましょう。少しの気遣いと工夫で、今よりもっと素敵な会話が出来るようになるかもしれません。
子供が生まれたら、女性はイヤでも母親にされますが、父親になりきれない夫がたくさんいるようです。 子供が泣いているのに、「おい、泣いてるぞ!」と妻に世話を押しつけ、子供のそばに寄ろうとしない場合があります。
タンクトップに短パン、ビーチサンダルという軽装は、海水浴に行くならいいですけど、レストランに入ることを考えると、ラフすぎる服装だと困りますよね。
浴衣を着て、いつもとはちょっと違う雰囲気を楽しめる花火大会はデートに最適です。屋台で食べたいものを選んだり、金魚すくいをしてみたり…。近くで花火大会があるのなら、そのチャンスを逃さずに!
女の子にとって、夏はオシャレしやすい季節ですね。可愛いワンピやキャミ、ふわりとしたスカートで女の子らしい毎日を過ごしましょう。 好感度を上げる夏のファッションのポイントは、洗練されたシンプルさです。真っ白い簡単なワンピースでも、なぜかステキに見えるのが夏の力です。
暑い夏には、人は自然と爽やかさを求めます。ですから、普段は人気のアクセサリーも、夏場にゴテゴテと付けてしまうと好感度が下がります。 どうしてもアクセサリーをつけたいなら、できるだけシンプルなデザインのものを選びましょう。 また、主張の強いアクセサリーよりも、洋服に馴染む感じのものが良いでしょう。
結婚をする前には婚約指輪を女性に渡すという風習があります。婚約した証ということで女性に送られます。どうも結婚というと日本でも西洋でもやはり女性はプレゼントをもらう風習があるようです。
勇気を振りしぼって好きな人をデートに誘ったのに、その後連絡が取れなくなってしまった……、そんな経験はありませんか?
«前へ   3  4  5  6  7   次へ»
   
Copyright (C) よろず
閉じる