金融の豆知識

クレジットカードで浪費しないコツは?

クレジットカードは便利だが…

クレジットカードには、現金がないときでも手軽に欲しいものを買える、高額なモノでも簡単に買える、小銭やお札を持ち歩く必要がなくスマートに支払いができる、といった便利さがあります。

しかし、クレジットカードにも少なからず注意しなければならないポイントがあります。

それが、クレジットカード派の人には、浪費グセがついてしまう人が多いという点です。「クレジットカードを使い始めてからお金が貯まらなくなった」など、貯金ができないことや毎月の返済に苦労している人は少なくないようです。

ここでは便利と言われるクレジットカードについて、浪費グセがついてしまう理由とともに、浪費しないコツについてもご紹介します。

クレジットカード生活でも浪費しないコツは?

○支払いは一括のみ

先述したリボ払いや分割払いは、延々と毎月の支払いに追われる原因であり、貯金ができない原因でもあります。
必要なものは一括払いで支払うよう心がけて、支払いを先延ばしにしないことが大切です。

○月々の明細書をしっかり管理する

明細書を確認した方がいいと言われる理由は、自分がどれだけ使ったかを視覚で確かめるためです。
お金を使った実感が湧きにくいことがクレジットカードの弱点なので、明細書をチェックすることでの実感を得ることができます。
ひいては、使いすぎの抑制や計画的な貯金につながります。近年は、WEBで手軽に見られる便利な明細書もあるので活用しましょう。

○利用限度額を下げる

クレジットカードには、「10万円まで」、「50万円まで」など利用限度額があります。
どうしても使いすぎてしまう人は、もっとも低い限度額に下げることをおすすめします。
使いたくても使えない(決済ができない)状態に強制的にすることで、浪費を回避することができるはずです。

クレジットカード派の人が浪費しがちな理由 3つ

「なぜクレジットカードを持つと浪費してしまいがちなのか?」についてですが、考えられる理由は3つです。

○お金を使っている実感が薄くなる

クレジットカードはカードのみの支払いなので、現金を使っている実感が薄くなりがちです。
たとえば5万円のパソコンを買う場合、現金なら1万円札を5枚財布から取り出して、視覚でも触覚でも支払う感覚を確かめることになります。
しかし、クレジットカードなら1枚の無機質なカードを渡すだけで購入することができるため、お金を使っている実感はやはり薄れてしまいます。

○いつでも手軽に使える

口座にお金がないときでも高額な買い物ができるという点も、浪費グセがつく原因でしょう。
翌月のお給料が入っても引き落としで残高が減り、貯金する余裕がなくなる、という状態が続いてしまいがちです。

○支払い方法が選べる

クレジットカードは、一括払いだけでなく、分割やリボ払いなど支払い方法を選ぶことができるのが基本です。
このうち、どれだけ使っても月々一定の額で支払いができるリボ払いをよく利用する人は、特に浪費しがちな人と言えます。
「いくら使っても月々1万円の支払いで済む!」という安易な心理状態に陥ってしまい、どんどん借金の総額が膨らんでいってしまうのです。

こうした落とし穴があるものの、クレジット生活に慣れてしまった人には、もはや簡単には手放すことはできないでしょう。
浪費グセを直して、クレジットカードをうまく使いながらお金を貯めるためにはどうすればいいのでしょうか。

デビットカードもおすすめ

クレジットカードのデメリットとして、後払いであるという点があります。
使った翌月・翌々月に口座から引き落とされるので、この点も、その場でお金を使った感覚が薄れる理由でしょう。
そこで、近年はこうしたデメリットがないカードである、デビットカードも人気です。
カードの利用と同時に口座からお金が引き落とされるので、利便性と現金を使っている感覚の両方を実感することができるはずです。

最終更新日 2023年09月01日 16996view
関連豆知識 : お金 借金 節約
   
関連エントリー
お金そのものに価値はない!お金はただの「交換手段」
「お金そのものに価値はない」と言われてもピンと来ないかもしれません。 勿論お金がないと生活で...
なぜ「つみたてNISA」は老後資金の備えとして注目されているのか
昨今、『老後資金は2000万円必要』などと言われています。 我々はどのようにして老後に備...
中古マンション購入の落とし穴!必ずチェックすべき場所とは?
マンション購入は中古であれ新築であれ、一生に一度の買い物となる場合がほとんどです。 購入...
機種はそのまま!格安SIMで通信費が1000円以下も
毎月の出費の中で大きな額を占めるスマホ代。固定費なので仕方ない部分ではありますが、@b@料...
老後資金2000万円は多い?少ない?実際にはいくら必要なのか
老後資金に不安を抱えている人は多いです。年金の支給開始年齢が65歳に引き上げになったことや...
トップページ
Copyright (C) よろず