金融の豆知識

賢く資産運用しよう!2024年から始まる新NISA

2024年から、NISA制度が大きく変わります。 一般NISA、積み立てNISAの口座をお持ちの方、そしてこれからNISAを始めてみようと思っている すべての方に、何が変わるのか、新NISAのメリット・デメリットなどをお伝えしていきます。

1.一般NISAと積み立てNISAが併用できるようになる

これまで一般NISAと積み立てNISAは、どちらかしか口座を作ることが出来ませんでした。 しかし、今回新制度によって、一般NISA(成長投資枠)と積み立てNISA(積み立て投資枠)を併用できるようになりました。

2.非課税期間が無期限に

これまで非課税期間は一般NISAで最長5年、積み立てNISAで最長20年でした。 しかし新NISAでは、期間が無期限になり、何年運用しても利益が非課税になります。

3.年間投資枠が大幅にアップ

年間投資枠は一般NISAで120万円、積み立てNISAで40万円でしたが、 新NISAでは成長投資枠が年間240万円、積み立て投資枠が年間120万円までとなります。 併用すると最大360万円の投資が可能です。

4.非課税限度額が設けられる

新NISAでは「非課税限度額」という新たな枠が設けられることになりました。 成長投資枠の限度額が1200万、積み立て投資枠の限度額が600万円で、合わせて1800万円までが非課税の限度額となります。

5.売却枠の再利用が出来る

これまでNISAで商品を売却した場合、利用した枠は再利用することが出来なかったのですが、新NISAでは再利用することができます。 売却した枠は再び利用することが出来るようになるため、投資枠の範囲内であれば、再投資をすることも可能です。

新NISAの注意点

1.ロールオーバーできない

新NISAに移行するにあたって、現行のNISAからロールオーバー(新NISAの口座に移管)することが出来ません。 つまり、一度保有している商品をすべて売却し現金化する必要があります。

2.買えない商品もある

整理銘柄、監理銘柄、信託期間20年未満の投資信託、高レバレッジ型の投資信託、毎月分配型の投資信託といった商品は新NISAの対象外となります。

大きく変わる新NISA制度。今まで口座を持っていなかった方もこれを機にご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

最終更新日 2023年09月08日 2540view
関連豆知識 : お金 投資
   
関連エントリー
相続税がかかる財産と相続税がかからない財産がある 相続財産の調査方法
相続した財産すべてに相続税がかかるのでしょうか、実は相続税がかからない非課税財産があります。相...
借金がある人が自己破産しないための方法
自己破産は、@s1@裁判所から借金返済の義務を免除される債務整理の1つ@/s1@です。 ...
老後資金2000万円は多い?少ない?実際にはいくら必要なのか
老後資金に不安を抱えている人は多いです。年金の支給開始年齢が65歳に引き上げになったことや...
借金は早く返そう!放っておくととんでもないことに…
借金は放っておくとどんどん増える仕組みになっています。 高い利子と、複利と言って利子に利子が...
ゴールドカードはモテる?持ちやすくなって変化したカード事情と持つメリット
ゴールドカードというと、昔はお金持ちの持つカードと言った感じでハイステータスな印象がありま...
トップページ
Copyright (C) よろず